ウルビーノで念願のクレッシア♪
朝起きてみたら、すごく晴れていてビックリのモンテグリドルフォです。 このお天気続いてくれると良いのだけれど~。
a0076039_15585018.jpg

ウルビーノへ移動してきました。 ちょっと曇ってきたけど。。
a0076039_15593331.jpg

ラファエロ・サンティの生家も覗きながら、
a0076039_16045100.jpg

町のてっぺんまでやってきました。 眺めはいいけど、黒雲がきになるなあ。。
a0076039_1623497.jpg

そろそろお昼なので、ガイドさんの案内でバールへ。 「クレッシアの美味しいお店でお願いしますね!」と頼んでおいたワタシ。。 大丈夫かな、ここ?と思いつつ、店内へ。
a0076039_1643894.jpg

お、ピアディーナがあった。。
a0076039_165424.jpg

クレッシアもありましたよ~! 06年にウルビーノを訪れたときに食べて以来、念願だった、クレッシア! ようやく食べられそう!
a0076039_1664812.jpg

急に十数人前を頼まれて、大パニックのオバチャン。 がんばれ~!
a0076039_1672511.jpg

と、ここで、急に雨が降り出したと思ったら、土砂降りになってしまいました。 テラス席に陣取っていた皆さん全員狭い店内に避難して、焼きあがるクレッシアを見守ります。。
a0076039_1694220.jpg

できました~おばちゃんお勧めのカショッタチーズとハムのはさまったクレッシアです!
a0076039_16103230.jpg

美味しい~! 食べたかったのはこれです。 この味!
a0076039_1611687.jpg

念願のクレッシアが食べられて嬉しいウルビーノ訪問になりました! 作り方も教えてもらったので、今度はウチで作ってみたいと思っています♪
[PR]
by cookery-world | 2010-06-03 16:14 | Italy(701) | Comments(10)
Commented by t2cosmo at 2010-06-03 17:42
作り方  私にも・・・
何か、とても軽そうな、しかしシットリしてそうな・・・薄いドーナツ???違うなぁ~
よく言うクリスピーではないですよね。
Commented by sfarina at 2010-06-03 19:36
なんですか、クレッシア?
そんでは 私にもついでに作ってください♪
お料理教室・・・っていうのもいいですねぇ。
しっとりパイって感じですか?
Commented by kako_usa at 2010-06-03 21:06
お久しぶりです~♪
クレッシア?!初めて聞きました^^
私も作り方が知りたいです~&食べたいです~(笑)
カショッタチーズも初めて聞きました。塩辛いハード系のチーズですか?
質問ばかりになりますが、カントッチョのオススメのレシピはありますか?
イーストを入れるものもあるようですが、どうなんでしょう???

Commented by flyrobin at 2010-06-04 07:41
cookeryさんがご満足の美味しいタベモノ、興味津々^^。
パンケーキのようでそうじゃなさそうだし(笑)。
cookeryさんバージョンも拝見したいです!
Commented by cookery-world at 2010-06-05 17:22
t2cosmo さん、クレッシアっていうのは、なんというか、メキシコのトルティーヤみたいな感じで、ちょっとパイ皮のような層になってます。 シットリとパリパリの中間かなあ~? 卵入りで保存がきかない為、ピアディーナのようなパック入りロングライフモノは売っていませんので、ウルビーノに行くか、自作しかアリマセン! 今度試作後にレシピをお知らせしますね。
Commented by cookery-world at 2010-06-05 17:28
sfarina さん、さすがの粉モノセンセイもクレッシアは見てませんか? うす焼きパンという点ではピアディーナとさほど変わりませんが、卵とラードが入っていて、パイのような層になっているのが特徴です。 こういうの薄いのが好きなので、今回ひさびさに食べられて嬉しかったです♪ 今味の記憶のあるうちに試作して、レシピお知らせいたします! なにせウルビーノでもらったレシピは「これとこれとこれと混ぜて適当な硬さにまとまったら、延ばして焼く」的な分量なしのイイカゲンレシピなので。。^^; 
Commented by cookery-world at 2010-06-05 17:36
kako_usa さん、ご無沙汰しております! お元気ですか?
クレッシアのレシピ、上のコメントのお返事にも書きましたが、教えてもらったレシピが非常にイイカゲンなので、試作をしてみてから、お知らせしますね。 カショッタチーズはこの町ウルビーノで昔から特産の羊ミルクで作ったチーズです。 焼くととろけて美味しいチーズですけれど、生産量はそれほど多くないと思いますので、おそらく日本でもアメリカでも売っていなさそうですね。 食べるにはウルビーノに行くしかありません!^^
カントゥッチは食べるばっかりであまり作らないので、とくにお勧めレシピはありませんが、トスカーナで習ったレシピをちょっと探してみますので、少しお時間くださーい。
Commented by cookery-world at 2010-06-05 17:39
ロビンさん、いつも説明がなくて、おいしーおいしーばっかりでスミマセン。。 今回のみなさんのコメントを読ませていただいて、ホントに私って言葉不足ね。。と反省しました。^^;
とにかく薄いトルティーヤでちょっとパイのような層になっています。 間にチーズ、ハムを挟んで焼くと最高です! イタリアの他の地方では今のところ見たことがないので、ウルビーノ限定のローカル食かもしれません。 たびたびは食べに行けないので、今度は自作してみます。 うまくできたら、またレポしますね♪
Commented by kana at 2010-06-08 16:11 x
2009年のBITあとに行ったウルビーノを思い出します。あのときは見学だけで食事はしませんでしたねぇ、、、。とはいえ、観光の後ホテルで一杯やっていた時のつまみのレベルが高かったような。。。。

それにしても、あのツアーってきつかったですねぇー、移動距離ありすぎです。
Commented by cookery-world at 2010-06-08 23:59
kana さん、去年はミラノの後にマルケ研修に行きましたね! あのときのウルビーノはあまりゆっくり見られませんでしたが、レセプションででてきたおつまみもなかなか美味しくて、あの後の移動先での食事のほうが食べるものがなかった記憶があります。^^; マルケも広いので、数日では回りきれませんよね。 でも思い出すと楽しかった記憶だけです♪ また行きたいなあ~マルケ!
<< モンテグリドルフォの晩ごはん、... モンテグリドルフォの晩ごはん♪ >>