ノナントラのバルサミコ熟成庫訪問♪
パルマから今度はモデナへ移動し、近郊の村ノナントラのバルサミコ酢熟成庫にやってきました。 
a0076039_1256336.jpg

やはり見ものはトラディツィオナーレ(伝統製法)の熟成庫。 可愛い小さい樽がたくさん並んでます。
a0076039_12564841.jpg

レース編みのカバーはオーナーのお母さんの手作りだそうです。
a0076039_1257550.jpg

長い年月をかけて作られるバルサミコ酢。 一族で子供が生まれると、新しい樽を7個セットで新調し、その子の将来の財産にするとか。 ひと樽ずつ名前が付いてます。 これでもう18年かー。
a0076039_12572518.jpg

ひたすら伝統を守って作っていては生産性はあがりませんから、これは商売としてというより、一族の伝統を守るために作るものなのでしょう。 私たちとしては簡単に「調味料としては高級すぎるよねー。」なんて言ってしまいますが、そんな言葉では片付けられない伝統と歴史があるのですねえ。
a0076039_1257448.jpg

見学の後、トラディツィオナーレのバルサミコの12年以上熟成、25年以上熟成のそれぞれを味見させてもらいました♪ 短い熟成期間のトラディツィオナーレ製法でないものと食べ比べると、風味の差は歴然です。 
a0076039_1258551.jpg

熟成庫そばのランブルスコ種のぶどう畑もちょっとのぞかせてもらったら、
a0076039_1259415.jpg

キレイなブドウが生ってました。 この時から今日で25日経ってるのでもうかなり大きくなっていることでしょう。 良いバルサミコになってね~。 
a0076039_12582078.jpg

まる1日かけて生産者3軒を無事に周りました。 それぞれの伝統食品の歴史や伝統的製法があって、何度見ても楽しい食材訪問です。
[PR]
by cookery-world | 2015-09-20 13:18 | Italy(701) | Comments(0)
<< ボローニャホテルでかんたん晩ごはん♪ パルマ郊外のレストランでランチ♪ >>