イチゴのお酒
ヴェネツィアに行くと訪れるブラーノ島。 本島、サンマルコ広場の喧騒がウソだったかの
ような静かな町を散歩するのがいつもの楽しみです。 
今回4月に訪れたときに出会ったイチゴのお酒フラゴリーノ。 
酒屋さんで売っているのはよく見かけていましたが、初めて飲みました。
a0076039_20273682.jpg

なるべく観光客の居ない通りにあるレストランに入って、食事をとった後、デザートは?と
聞いたところ、デザートはないけど、これなら・・・と言ってだしてくれたのが、
自家製フラゴリーノ。 
甘い香りのお酒にクッキーを浸して食べると美味しくてやめられないとまらない状態になってしまいました。 お店でボトル詰にして分けてくれるというので、1本もって帰って
きましたが、勿体無くてまだ開けていません。 お正月にでも開けようかな。。 
a0076039_20315785.jpg

ブラーノ島ってこんな感じのところです。 町並みがカラフルで可愛いでしょ? 
フラゴリーノも美味しいし、レースで有名な島です。 ヴェネツィアに行ったらぜひいらして
みてください。

人気blogランキング参加中です~クリックしてね。
[PR]
by cookery-world | 2006-06-25 20:39 | Italy(701) | Comments(8)
Commented by canary-london at 2006-06-26 05:18
世界各地の美味しそうなものがたくさん・・・思わず涎と共に(失礼・・・)リンクを貼らせていただいてしまいました。
イタリアの食事情は書いても書いても書き足りないのでしょうね、私は近く足を運んだことのない南イタリアに行ってみたいと思ってます!
Commented by cookery-world at 2006-06-26 09:48
canary-londonさま、はじめまして! 
リンク貼ってくださりありがとうございます。 
個人的にはイタリアは南のほうのゴハンが好きなので大好きです。
早速canary-londonさんのブログにも足を運ばせていただきますね!
Commented by ssme at 2006-06-26 11:09
毎日書いてますね~。やっぱり過去のストックが いっぱいあるからですね。トップの写真も早速変えたのね。こっちの方が私は断然好きです。
Commented by cookery-world at 2006-06-26 13:06
ssmeさま。 今のところ三日ボウズにはならず続いています。 早速お教えいただいた方法でトップ写真も入れ変えてみました。 私もこのパルマの八百屋さんで撮った写真のほうが気に入ってます。 
Commented by famiglia befana at 2006-06-27 23:00 x
懐かしいですね 私の住んでいたのはメインストリートにある ロカンダで ネッビエなんて生易しいものではなく あっという間に真っ白になり 1m先も見えなくなる霧 カリーゴという恐ろしげな霧の冬を思い出します。
Commented by cookery-world at 2006-06-27 23:40
ブラーノでレースの勉強をしていらしたんでしたよね? やっぱりたまに観光でブラブラするのと住むのとは違うんでしょうねえ。 
Commented by L at 2006-07-04 19:17 x
フラゴリーノはイチゴのお酒ではなく、れっきとした葡萄から作ったワインですよ:)

同名のイチゴのリキュールもあるので紛らわしいですし、厳密には違法なのでヴェネツィア(ヴェネト)の外で買えるものは木苺風味をあとから足したものですが……あの島で飲んでるなら本物でしょう。
Commented by cookery-world at 2006-07-04 20:48
L さま。 ご指摘いただいてありがとうございます。 そういう風に聞いた気がしていたので、思いこんでいました。 でも知らずに本物を飲めてたわけですね。 良かったです。 またいろいろ教えてください。  
<< レインボーロール オムライスと鶏の唐揚げ >>