ヴェネツィアのバーカロ
何度も行っているヴェネツィアですが、一度も行ったことのない、立ち飲み居酒屋、バーカロに
行ってみました。 あまり立って食べたり飲んだりは落ち着かなくて好きではないのですが
おつまみの多さにビックリ。 物価の高いヴェネツィアにあって値段も安いので、一度で
ファンになってしまいました。
a0076039_13453154.jpg

まずはタコのアシと赤ワイン一杯。
a0076039_13464140.jpg

お店によって、冷菜が美味しいところ、温菜が美味しいところ。。と色々あるというので
2件目に移動。 今度はちょっと広めのお店、おつまみも色々あります。
a0076039_13495167.jpg

あ、揚げ物もあった・・。 
a0076039_13503537.jpg

でもこの日はお昼に油モノを食べ過ぎていたので、イカ墨煮、茹蛸、焼きトレヴィスくらいに
しておきました。 珍しく理性が効いています。 
a0076039_13511590.jpg

イカ墨煮がやわらかくて特に美味しかった! 次にヴェネツィアに行くときは揚げ物の
おつまみが自慢のバーカロに必ず行こうと心にきめています。


人気blogランキング参加中です~クリックしてね。
[PR]
by cookery-world | 2006-07-02 13:59 | Italy(701) | Comments(6)
Commented by miki3998 at 2006-07-02 22:30
焼きトレヴィスに興味あり・・・です。どれも美味しそうですね。
 私もゆっくり座って飲むほうですが、こんなお店なら立ち食いもオッケーですね。隣り合わせになったおじさんとも仲良くなりそう・・・そんなことはありませんか?
Commented by illy23 at 2006-07-03 06:28
コメントありがとうございました。
レストランで食事すると高いイメージのヴェネチアで庶民の味方が
バーカロですよね。
ヴェネチアの取材の折には必ず一度は行きます。
Commented by cookery-world at 2006-07-03 11:10
miki さま。 コメントありがとうございます!
トレヴィスお好きですか? 正式名はラディッキオ・トレヴィザーノといって
焼いて食べるのと生で食べるのと、種類が沢山あります。 私は焼きのほろ苦い感じが好きです。チコリの種類なので、白菜の小さいようなかたちからキャベツっぽいもの、細長いのとかたちも色々で面白いです。 最近日本でも栽培が進めていられるようで、先日も現地での栽培のことで問い合わせがありました。 気候風土が違うので、同じモノは難しいかもしれませんが、日本でも色々食べられるようになるといいですね~。 
Commented by cookery-world at 2006-07-03 14:27
illy23 さま。 こちらにもお出でいただいてありがとうございます。
ヴェネツィアにはよくおいでになられますか? 何回行ってもバッカラ・
マンテカータの美味しいのに当たらないんですけど、美味しいところご存知でしたら教えてください! 
Commented by miki3998 at 2006-07-03 21:13
はい、大好きです。でも生でしか食べたことがありませんでした。こちらでいただくタイプと違うのかもしれませんね。焼くとこおばしくなって美味しそうですね。新種の西洋野菜ってまだまだ日本ではお高いです。農家の皆さんに頑張っていただかなくては、ね。
Commented by cookery-world at 2006-07-03 22:38
mikiさま。 私は焼いてしか食べたこと無いのです。(笑) 日本では西洋野菜は高くて手に入りにくいのでなかなか普段のごはんには使いにくいですね。 興味を持って試作を重ねている農家さんもいっぱいいるので、これから生産者が増えて、値段も安くなってくれると良いなあと思って
います。 
<< ノルマンディのカマンベール トラパニの魚クスクス >>