アスコリ・ピチェーノ市の歓迎レセプション
仕事で日程を考える時もそうでない時も地図を眺めるのが好きでよく見ています。 仕事柄イタリアの詳細地図をよく見ていますが、眺めながらいつも行ってみたいなと思ってなかなかいけなかったところ、アスコリ・ピチェーノを今回訪れることができました。 山間の小さな町ですが、中世期の建物がそのまま残る、落ち着いた雰囲気の町で、とても気に入りました。 これは町の中心の広場に建つ市庁舎です。
a0076039_21522036.jpg

まずは市長や市の商工会議所所長のご挨拶が続きます。  市の観光資源について熱弁をふるうピエロ・チェラーニ市長。 まだまだ知られざるマルケ州はこれから宣伝のし甲斐がありそうなところです。  
a0076039_21543648.jpg

お話も終わって、市庁舎内にある一室でレセプションが始まりました。 まずはやっぱり名物のオリーヴェ・アスコラーナ、オリーブの実の肉詰を揚げたもの。 先日パレルモ在住のkinukoさんに名前を教えてもらったおつまみです。 食べ始めると次々を口に入れてしまって気がつくと何個も食べてしまっています。
a0076039_222334.jpg

それから次々でてくるキレイに盛り付けられたおつまみ。
a0076039_2255386.jpg

自然の葉っぱや木の実を飾り付けに使ってセンスの良い盛り付けです。
a0076039_22104071.jpg

地元特産のチーズやハム、サラミをワインと一緒にとても美味しくいただきました。
a0076039_2263147.jpg

このあとパスタ類、オニクなど色々でてきてブッフェディナーとなりましたが、山中の田舎と思っていてあまり期待していなかった分、町にも美味しいごはんにも感動しました。 交通の便があまり良くないので、行きにくいところですが、是非また訪れてみたい地方です。


人気blogランキング参加中です~クリックしてね。

  
[PR]
by cookery-world | 2006-10-28 22:16 | Italy(701) | Comments(6)
Commented by miki3998 at 2006-10-28 22:30
イタリアの都市でいただくお料理も美味しそうですが、こんな田舎の豊富な素材を使った地元ならではのご馳走、いただいてみたいですね。チーズもサラミも「どうぞ、召し上がれ~」って、誘われているみたいです(笑)
Commented by cookery-world at 2006-10-28 22:42
mikiさん、早速にコメントいただいてありがとうございます! 今回のマルケ州研修では観光資源の豊富さとごはんの美味しさに驚かされました。  イタリアは田舎に行くとビックリするような良いレストランや美味しいモノにありつけたりするのがいつもの楽しみです。 それにしてもいつも写真ばかりお見せしていて、なんだか申し訳なくなってきました。。  
Commented by miki3998 at 2006-10-29 00:39
大丈夫です。いまゴルゴンゾーラをちびちび食べながら、キャンティー・クラシコを飲みながらおりますから(笑)
Commented by cookery-world at 2006-10-29 00:55
mikiさん、お返事ありがとうございます! ゴルゴンゾーラ&キアンティワイン、良いですね~。 こちらは残業の果てに空腹を抱えて寝るところです。 来月私も飲める筈のトスカーナワインの夢でも見ながら寝ます。。
Commented by ノアの飼い主 at 2006-10-29 09:56 x
アスコリはホント、素朴で美味しいものが発見できる場所ですよねぇ!多忙な毎日、たまにはおいしいワインを友に体をいたわってくださいよん!
Commented by cookery-world at 2006-10-29 13:49
ノアの飼い主さん、ご無沙汰しておりますが、お元気ですか? さすがイタリア通はアスコリももう行ってるんですね~。 私は今回初めて訪れてみてとても良いところだったので、またゆっくり行きたいなと思っています。 
<< マルケ州名物ブロデット イタリア半島南端の和食レストラン >>