ラヴェンナの夕ごはん
2年前の春にラヴェンナを訪れました。 ちょっと立ち寄ったことは数度ありましたが、ゆっくり街歩きをしたのは初めて。 半日歩き回って歴史的な教会を説明を聞きながらみてまわり、キレイなモザイクに感動しました。
a0076039_1172887.jpg

脚が棒になるほど歩き回ったあと、夕食にでかけます。 まず前菜は茹で子牛肉を薄切りにして、上にツナソースを掛けたヴィテッロトンナート。 好きな前菜なので、色々なところで食べていますが、これはなかなか◎でした。
a0076039_1141180.jpg

パスタはラザニア。 よく食べるトマトソースのものと違って、クリームソースとバジルのソースがはいっています。 あまりラザニアもバジルも得意ではありませんが、これは好きな感じのクリーミさで結構美味しく食べられました。
a0076039_1145449.jpg

メインは鱸のグリル。 下にパスタが敷いてあって、さかなと一緒に食べます。 海が近い街なので、魚貝もなかなかです。
a0076039_1165839.jpg

デザートはムースの苺ソースかけ。 手作り苺ソースにちょっとリキュールがはいっていてオイシイです。
a0076039_1171464.jpg

以前はあまり印象のない街だったのですが、このときは素敵なモザイクの教会にも、美味しいごはんにも驚きました。 久しぶりにラヴェンナに遊びに行きたいな~。


にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ ←ブログ村もよろしくね!
[PR]
by cookery-world | 2007-01-23 11:25 | Italy(701) | Comments(0)
<< 美味しい月餅。 胡麻パンとチーズパン >>