スロヴェニア国境近くのホテルレストラン
先日からスロヴェニアと近隣国を合わせた旅程を考えていて、ちょっと訪れられたら良いなと思っているイタリアの東端フリウリヴェネツィアジュリア州。 3年前にこの州の視察旅行へ出掛けたときに最初に訪れたチヴィダーレを思い出しました。 秋深い11月でしたが、とても良いお天気で、川の水の色がとてもキレイだった記憶が鮮明にあります。
a0076039_21264746.jpg

この町のちょっと外れにあるホテルレストランでお昼になりました。 壁一面に紅葉した葉っぱの蔓が絡まっていてキレイです。
a0076039_2126512.jpg
 
席について最初にでてきた前菜はチーズのタルト。 焼き立てでチーズの味が濃くてオイシイタルトでした。 
a0076039_21321235.jpg
 
それから、アスパラのリゾット。
a0076039_21322822.jpg
 
クレープのチーズソース包み。 チーズ料理が多くて、シツコイ感じですが、おいしいので食べてしまいます。 
a0076039_2132461.jpg
 
最後のメインは牛肉のローストでした。 辛みのあるソースをつけて食べるのは、イタリアではあまり見かけません。 近隣の何処かの国の影響かな。 無造作な感じですが、柔らかくて、なかなかオイシイお肉でした。  
a0076039_2133763.jpg

この後国境のトリエステまで行かなくてはならないので、デザートは割愛。 張り切っていたお店のヒトもガッカリでしたが、それ以上にワタシがガッカリしていました。 歴史的なみどころも多いですし、今度はゆっくり訪れたいなと思っている町です。


〔人気blogランキング〕への1クリックもよろしくね!
[PR]
by cookery-world | 2007-02-21 21:43 | Italy(701) | Comments(0)
<< オニオングラタンスープ作ってみ... 六本木のシシリアで晩ごはん >>