マテーラの夕ごはん
昨日の晩はマテーラに泊まりました。 日が暮れて街灯の着いたサッシ地区もなかなか雰囲気があります。
a0076039_5112175.jpg

ホテルから歩いて数分のレストランへ夕食にでかけました。 お任せ前菜を頼んでみると、次々お皿が運ばれてきました。 まずはパプリカのパン粉焼き、
a0076039_5132589.jpg

茄子とチーズの重ね焼き、
a0076039_5143525.jpg

バジリカータ州でよく食べられる大唐辛子のロースト、
a0076039_5154378.jpg

アーティチョークとグリーンピースの炒め煮、
a0076039_5164638.jpg

アスパラガスの卵焼き。 野菜の前菜がたくさん出ると嬉しくなります。
a0076039_518666.jpg

次のお皿としてとってみた野菜とパンのサラダ。 あまり食べたことがありませんが、結構南イタリアでは食べられるようです。 
a0076039_5192718.jpg

乾燥ソラマメを煮て裏ごししたファーベのピューレもプーリア辺りでよく食べられる前菜。 チコリの炒め物が載ってます。 食べ慣れると美味しい気がしてくる不思議なタベモノ。
a0076039_5202434.jpg

パスタはトマトと茄子のタリアッテッレと、
a0076039_5214312.jpg

トマトと唐辛子のパスタ。 焦げ目に味がでていてなかなか〇です。
a0076039_5224789.jpg

美味しいレストランをみつけられて、マテーラに行く楽しみがまたひとつ増えました。


にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ ←ブログ村もみてね!
[PR]
by cookery-world | 2007-05-23 05:23 | Italy(701) | Comments(6)
Commented by EGLIFILET at 2007-05-23 06:41 x
昨日は魚介類のコースで今日は野菜のコースでいいですねぇ~。興味深深みております。
やっぱりトマトの味ちがいますか?それととくに興味持ったのは焦げ目のついたパスタ始めてみました。これはそちらの郷土料理?
Commented by cookery-world at 2007-05-23 16:10
EGLIFILETさん、度々コメントありがとうございます! 相変わらず毎日食べ過ぎの日々が続いています。 トマトは本当に味が濃くてオイシイです。 南だな~と感じます。 焦げたパスタは私も始めてみました。 間違えて焦げちゃったのかな?と思いましたが、焦げがなかなかでした。 東京に帰ったらどこのお料理か調べてみようと思っています。  
Commented by tadanori-11 at 2007-05-23 21:38
cookery-worldさん、Buongiorno!!
暗闇に浮かぶ街の明かりが幻想的ですね。かっこいい写真!!
パプリカのパン粉焼き、初めて見ました。参考になります。
アーティチョークって食べたことないんです。おいしいですか?
ヘルシー料理ですね。一人で食べられるんですか?
量が多いですね^^。
Commented by ramolucente at 2007-05-23 23:57 x
今日のお料理の色は南イタリアといった感じのとてもきれいな原色でしたね。原色がみんな自然の野菜の色、何か凄い・・・・。そして食欲が出そうですね。
Commented by cookery-world at 2007-05-24 07:04
tadanori さん、Buongiorno ! いつもコメントありがとうございます!
日が暮れた直後の空も町も真っ青な様子には本当に感動しました。 何度か訪れているマテーラですが、初めて泊まってみて、居る時間帯によってずいぶん印象が変わるものだなと感心しました。 断然泊まりがお勧めです。 パプリカは甘みが良く出ていて軟らかくて美味しかったです。 アーティチョーク、機会があったら食べてみてください。 私は大好きです。 日本でももっと出回ってくれるといいな~と思います。 この写真の前菜は4人前をとってみました。 1人でも食べられそうですが、分けて食べます。(笑) 旅行中に野菜料理が多いのはウレシイかぎりですね。     
Commented by cookery-world at 2007-05-24 07:08
ramolucenteさん、コメントありがとうございます! 
意識していませんでしたが、ホントに色がハッキリしたお料理ですね。 やっぱり南イタリアはトマトや唐辛子の赤を使ったお料理が多い所為かもしれませんね。 ramo さんのところはイタリアトマト作っていらっしゃいますか? 作っていたら今度ブログで見せてくださいね。  
<< ナポリ・ピッツァのテイクアウト ポリニァーノ・ア・マーレのテラ... >>