マントヴァ郊外アグリトゥリズモのヴェジタリアン・ランチ
マントヴァへ向かう途中、郊外のアグリトゥリズモ(農家経営の民宿のようなところ)で地元食材、しかもヴェジタリアンのランチをだしてくれるということなので、楽しみに立ち寄りました。
a0076039_16541497.jpg
 
テーブルに着くと早速手作りの前菜が運ばれてきました。 美味しそう~。
a0076039_16554021.jpg
  
できたてフリッタータを運んできてくれたので、早速いろいろ前菜を試してみることに。 特筆は緑色のペースト状のモノ。 ジェノヴェーゼのパセリ版といった感じですが、オイシイ! それから、オレンジの物体は自家製モスタルダ。 モスタルダはフルーツの果物漬けですが、ふつうどろどろのものが多くて、ここまで固形のものはみたことがありませんでしたが、これも食べると◎! 甘辛のモスタルダをチーズ、パンと一緒に食べると美味しくて止まりません。
a0076039_1704843.jpg
 
つぎにドーナツ型の大きなお皿がはこばれてきました。 リゾット! なかの具がお肉ではなくて、大豆たんぱくで作られたベジミート。 ヴェジタリアンとはこのことか!と納得。
a0076039_17154641.jpg
 
一緒にラヴィオリも盛られてでてきました。 
a0076039_17164939.jpg
 
さすがマントヴァ。 ラヴィオリの中身はあまーい南瓜! マントヴァの名物なのです。 
a0076039_17181291.jpg
 
メインもヴェジミートときのこのソテー。 でもみた感じは完全にお肉です。 食感はちょっとお麩のよう。
a0076039_17202680.jpg
 
デザートはマントヴァの郷土菓子がでてきました。 もちろんここのオバチャン手作り。
a0076039_17211738.jpg
 
ザヴァイヨーネソースをつけて食べるとオイシイ~。
a0076039_1722923.jpg
 
ヴェジミートはイタリアではまだ珍しい食材らしく、同行してくれたイタリア人たちもみんな初めて!と言っていました。 これ自体は美味な食材ではありませんでしたが、前菜やラヴィオリ、お菓子など、土地ならではのものを食べられて、楽しいお昼になりました。


にほんブログ村 グルメブログ イタリア料理(グルメ)へ ←ブログ村もみてね!
[PR]
by cookery-world | 2007-12-12 17:27 | Italy(701) | Comments(2)
Commented by tadanori-11 at 2007-12-13 22:14
マントヴァに行かれたのですか!!
想い出深い場所。
ビーゴリーを習いました。
前にも仰っていたようにカボチャ入りのラビオリを思い出しました。
そういえば・・・。

cookeryさんはたくさんの場所に行かれていてすごいです。
私には羨ましくうつりますが実際大変なお仕事なんですよね。

次回はタイですか!!
卒業旅行にプーケット、バンコクに行きました。
期待しております。
Commented by cookery-world at 2007-12-14 10:21
tadanori さん、マントヴァにいらしたんですものね!
ビーゴリーって太目のロングパスタですよね? 最近は作っていらっしゃいますか? 今回の南瓜のラヴィオリがとても美味しかったので、自分でも作ってみようかなと思ってます。
シゴトは大変というより落ち着かないといった感じですね。 でも好きでやっていますから仕方アリマセン。 今度のタイは久しぶりのアジアで、休暇なのでとっても楽しみにしています。 ご期待どおり沢山食べてきますね!(笑)
<< 晩ごはんはパッタイ。 ブルガリホテルのHAPPY H... >>