フィレンツェ市場の食堂でランチ♪
夕方の便で日本に戻る前にフィレンツェの町を散策しました。 まずは早い時間のうちに市場へ買い物に行きます。 
a0076039_1718166.jpg
  
まさに最盛期の柿! スペイン産です。 イタリアでは完熟になってから柿を食べるので、こんな熟れすぎも売ってます。
a0076039_17185153.jpg
 
ハムサラミ屋さんに可愛いワラ豚ちゃん見つけました~♡
a0076039_17191252.jpg
 
いろいろ食材を買い込んでふらふらしていたら、食堂の一角から良い匂いが~。
a0076039_1719371.jpg
 
キッチン側で買って、反対側のイートインコーナーで食べる仕組みです。 一度食べてみたかったここでランチすることに。
a0076039_1720798.jpg
 
なんか学食みたいです。 パッパ・アル・ポモドーロとポルケッタにしました。 折角時期なので、新酒のノヴェッロも1杯!
a0076039_17203316.jpg
 
パッパはトマトの味が濃いパン粥のようなモノ。 熱々でオイシイ!
a0076039_1721818.jpg
 
デザートは八百屋さんで買ったリュウガン。 どうしてイタリアでこんなものが?と思いながら、甘くて美味しいのでぱくぱく食べます。
a0076039_17215067.jpg

さてお腹いっぱいになったところで市場をもう一回りしてから町にでることにします。
[PR]
by cookery-world | 2008-12-13 17:31 | Italy(701) | Comments(4)
Commented by Freeman at 2008-12-14 14:11 x
柿は98年にミラノの市場で見たときはcachiと書かれていて(単数はcacho・・・いやこれは冗談です)辞書にもそう書いてあるので、そう覚えていました。ここではkakiですね。kの字は外来語にしか使われないと思いますが、異国情緒を出すためにわざと書いているのでしょうか。植物学における学名もkakiですけれど・・・
Commented by cookery-world at 2008-12-14 19:44
Freeman さん、cachi って書いてあるところもありますから、書き方は適当なんでしょうね。 冗談ではありませんよ! 単数はcaco (カコ)です! カコなんて変ですけれど、日本発の果物が世界各国で認知されて食べられているのをみるとちょっと誇らしげな気持ちになります。
Commented by beijaflorspbr at 2008-12-14 22:14
cookeryさん、こんにちは!
こちらで柿は「Caqui」とか「Kaki(そのまま)」と言われています。
Moji das Cruzesという場所で、巨大な柿を栽培している日本人農家
の方がいて、今や世界中に輸出しているようです。たかが柿、されど柿
のエピソードですよね。柿長者に私もなってイタリアを闊歩してみたい
ものであります!(笑)
Commented by cookery-world at 2008-12-15 16:14
ハチドリさん、ブラジルでもやっぱり柿はカキなんですね!
柿長者、いいなあ~! 私たちも先見の目をもって、なんたら長者になって飛行機乗り放題の生活したいですね! 夢です~!   

<< 柿のジェラート! フィレンツェのトラットリアで夕... >>