ウルビーノでお寿司!
海辺のホテルでゆっくりすることもなく、一晩寝たら、朝8時出発で、ウルビーノにやってきました。 町の象徴、ドゥカーレ宮殿を訪れます。
a0076039_13404721.jpg
 
中庭には雪が残ってます。 寒い~。
a0076039_13412357.jpg
 
宮殿内見学を終えたら、すぐ近くのホテルで歓迎レセプションです! あ、先に到着した一団にブッフェが既に荒らされてる~。
a0076039_13434647.jpg

と思ったら、急に気持ちがいやしくなってしまって、たくさんもらっちゃいました。 あー朝ごはん、ケーキ一切れにしておいてよかった~。
a0076039_13443182.jpg

昨日の夕食にもでていたピアディーナも。 ウルビーノ名物のクレッシア屋さんのではないところが残念ですが、焼きたてです。
a0076039_13455478.jpg

と、思っていたら、なんとお寿司登場~! 群がる手を制して、まず写真~。 盛り付けキレイですよ~。
a0076039_13464785.jpg
 
ちょっと冷蔵庫で冷やしすぎですが、サーモンロール、食べられます。 大丈夫かな?と思いながら、お刺身も食べちゃいました。
a0076039_13464142.jpg

こんなところでお寿司に出会うなんて。。 イタリアの和食流行りもここまで来たのかと驚いたレセプションでした。 それにしてもウルビーノの印象がこのレセプションだけになってしまいました。 今度はラファエロの家やクレッシア屋さんをゆっくり訪れたいなーと思っています。
[PR]
by cookery-world | 2009-03-04 13:50 | Italy(701) | Comments(6)
Commented by vruocculu at 2009-03-04 14:07
美味しそうなお料理で、今日もう我慢の限界に来てコメントします。。
お腹いっぱいの時は私を呼んでくださいよー(笑
すっとんでいきます。。。って行けないか。。。

私、カバン持ちします!!!!!!

Commented by sfarina at 2009-03-04 18:59
そうですね、数年前と比べるとほんとに寿司を見るような気がします。
そしてやっぱりお手軽に入手と準備出きるのがサーモン。
美味しいし、いいですよね。しょうゆも大分普及してるしてますしね!
Commented by cookery-world at 2009-03-04 19:37
vruocculu さん、我慢の限界を超してしまってスミマセン~。(笑) ニンゲン食べ貯めができないのがとても悲しいところですね。 すっとんでいけるなら、どんなに良いことか~! まずは今週末、Garfagnanaに行っちゃいましょうかね~♪ 
Commented by cookery-world at 2009-03-04 19:40
sfarina さん、イタリアを訪れる度に、どんどん和食ブームが広がっているのを感じますね。 昔は「え~生魚にごはんなんて~信じられな~い!」と言っていたイタリア人も今ではパクパク握り鮨を食べてるのが、こちらからすると信じられなーい事態です。(笑) 和食大好きなワタシにとっては和食の普及はありがたい限りですけれど!  
Commented by flyrobin at 2009-03-05 04:52 x
イタリアの田舎(???)で海苔巻きとか出ちゃうんですね~。そういえばCookeryさんの昔の記事で、ミラノのホテル(だったかな)でのレセプションでお寿司が出ていたのに驚いたのを思い出しました。しかも日本の食べ物と思わなければ、それなりに美味しそうだったような。イタリア人の食生活の一部になってるんでしょうかね~。
Commented by cookery-world at 2009-03-05 10:20
ロビンさん、そうなんですよ~ここ数年でずいぶんイタリアも変わった気がします。 たしかおととしの12月でしたね、コモ湖畔のメディテラネオ・スシ。 あのカラフルなお寿司と比べるとこちらはお寿司の王道って感じです。 ナニジンが作っているのかわかりませんが、どこに行ってもキレイに巻けていることに感心しています。 そのうちにイタリアもロンドンのように食生活のなかに自然にスシが溶けこんでいくのかもしれませんね。
<< フラサッシ峡谷のランチと鍾乳洞~♪ ガビッチェマーレの晩ごはん~♪ >>