巨大ピーマンの肉詰め@サレルノ♪
最終日に会場に到着すると、会期中お世話になった資材管理のオジサンがキレイな花束を持って待っててくれました。 こちらがお世話になったのにね。 ありがとうございます♪
a0076039_1561854.jpg

いよいよ最終日。 準備もしながら、ずっと夢だったピーマンの肉詰めを作ります♪ スーパーで巨大ピーマンをみてからずっと作りたかった肉詰め。 ようやく念願叶いそう。
a0076039_1574135.jpg

スーパーで調達してきた材料と、前日窯で焼いてあったとろとろ玉ねぎを混ぜます。
a0076039_1582625.jpg

大きなピーマンに詰めて、形はできあがり。 ご近所からいただいた生ベーコンも載せちゃいました。
a0076039_1591765.jpg

まずはかなり強火と思われる窯の奥でゴーっと表面を焼いてもらって、
a0076039_15103057.jpg

表面焦げたら、あとは窯の入口付近でジックリ焼いてもらいます。
a0076039_15112058.jpg

かなりの人出だった最終日も
a0076039_15115094.jpg

おわりに近付いてきました。 お疲れさま。
a0076039_15122085.jpg

最後に日本風飾り付けの争奪戦があり(サレルノではとても人気です。^^;)、ようやくホテルに戻って、午前2時。 さー肉詰め食べよーと思ったら、生焼け発見。 このまま捨てるのはもったいなさすぎるので、再度会場に行って、残り火で焼き直してきてもらうことに。 ピッツァ窯には最後の最後までお世話になりました。 なかなか美味しく焼けてましたよー。 念願達成!
a0076039_15155569.jpg

ナポリのガンブリヌスで買ってきたお菓子も食べなくっちゃ。
a0076039_15163641.jpg

食べ終わってホッとしたらもう4時半。 慌てて帰り支度をしてたら、空が明るくなってきました。 10日間眺めてきたこの景色ともお別れです。 また来年見られたらいいな。
a0076039_152055100.jpg

いろいろありましたが、なんとか無事フェスタ参加を終えて、帰国いたしました。 長らくレポにお付き合いくださってありがとうございます! 次回の旅は今月末から。 今度もヨーロッパながら、いつもとちょっと違う方面に出かけます。 それまではしばらく日本編にお付き合いくださいね♪
[PR]
by cookery-world | 2009-08-05 15:23 | Italy(701) | Comments(14)
Commented at 2009-08-05 17:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sfarina at 2009-08-05 18:02
す、すごい肉詰めピーマン。ピーマンもでかいですが、肉も盛り上がって
大盛りですね!
あぅぅ、ガンブリヌスのドルチェ食べたいなぁ。
ほんとに美味しい物三昧でしたね♪
日本の飾り付け争奪戦のぶつは その後どうなるんでしょう?
使いようが・・・ないのでは?
Commented by cookery-world at 2009-08-05 19:03
coco さん、はじめまして! ようこそおいでいただきました♪
カンペールいらっしゃるんですねー。 羨ましいです。 ガレット、クレープ三昧してきてくださいね。 以前記事にしたガレット屋さん、ほとんど記憶がありません。 ただ場所は覚えていて、2軒ともPlace au Beurre (バター広場 ^^)に面していました。 たぶん1軒はちょっと有名店のCrêperie du Sallé だと思います。 ワタシとしてはもう1軒のほう、広場に面してテラス席がたくさんでていたクレープリーのほうが美味しかったような記憶があります。 小さな町なかに結構たくさんのクレープリーがあったと思いますので、いろいろ食べあるいて、お好みの味を探してみてはいかがですか? 美味しいお店を見つけたら、ぜひ教えてください♪ こんな食べ散らかしブログですけれど、また遊びにおいでくださいね!
Commented by cookery-world at 2009-08-05 19:10
sfarina さん、実際にイタリアのピーマンの大きさを知らない方にはこの写真ではちょっと分りにくいと思いますが、知ってらっしゃるsfarina さんには驚いていただけましたか? 直径20センチはありますからね~。 お肉もあるだけバンバンに詰めちゃったし、ごろんと大きな肉詰めは見てても楽しかったですよん。 ガンブリヌスは今度こそ、あのきれいなサロンでゆっくり優雅にお茶してみたいものだなといつも思ってます。 日本の飾り付け争奪戦は毎度ながらちょっと恐怖すら覚えるくらいでした。 家に飾るそうですけれど、どうなってることやら。^^
Commented by flyrobin at 2009-08-06 04:37
今日(昨日。。?)はずーっとネットが繋がらなくて往生しました^^;
ピーマン、多分こちらでも普通に売られているサイズなんでしょうね。
その日は殆ど睡眠なしだったのですねえ。
でもそんなのには慣れていらっしゃるかな^^。
Cookeryさん、お一人でお菓子いくつ召し上がったの!?(笑)。
次回のご旅行、違う方面てどこだろう。
カンケイない私まで楽しみです^^。
Commented by flyrobin at 2009-08-06 04:39
追記
コメント書いた後にsfarinaさんへのメッセージを読んでオドロキ!
なんとピーマンが直径20cmだなんて。。
Commented by t2cosmo at 2009-08-06 09:02 x
深夜・・・独りで焼き直しに行きましたが・・・
どんどん会場はなくなっていくし・・・

何でこんな時間に?・・・こんな感じのお片づけスタッフの奇異な目の中で・・・


でも、とっても美味しかったです。。

色々経験しますねぇ~
Commented by vruocculu at 2009-08-06 09:16 x
巨大ピーマン肉詰め♡
それにしても、巨大過ぎます。。。。(笑
相当時間かかったのでは?   でも、甘いピーマンとお肉の旨味と、
日本では味わえないものですね〜いいなぁ〜

ガンブリヌスのお菓子も。。。。(笑
Commented by cookery-world at 2009-08-06 13:50
ロビンさん、ネットの状況悪くて大変でしたね。 でも繋がったようで安心しました。 そうなんです~徹夜は毎度のことですが、とくに夜のオシゴトだったのでね~スーツケースに荷物を詰めるのがやっとでした。 お菓子はみんなで食べたので、一個しか食べてませんよん。 全部でも食べられますけれど、一個以外は次回のお楽しみです。^^
Commented by cookery-world at 2009-08-06 13:53
あ、ロビンさん、イギリスのピーマンって日本と同じような大きさでしたっけ? 少しは大きかったような。。 ワタシにとって初めての外国はイギリスだったのですけれど、最初暮らし始めた時、きゅうりのあまりの大きさに驚いた記憶があります。 イタリアのピーマンは特に大きいのかしら? これスーパーでみたときから、絶対これは肉詰めだなと思っちゃいましたよー。 今度の旅はウィーンとあと私にもちょっと未知の国なので、楽しみです。 またレポしますね♪
Commented by cookery-world at 2009-08-06 13:55
t2cosmo さん、その節はお世話になりました♪ 窯にもお世話になりましたが、このときはt2さんに大変お世話になりました。 ご苦労おかけしましたが、焼きにいってもらって良かったですよん。 ホントに美味しかったですもの。 今回はピッツァ窯のいろいろ利用法もわかって楽しかったです。 次はもっとたくさんで行きましょうね♪
Commented by cookery-world at 2009-08-06 13:59
vruocculu さん、ふふ、大きな肉詰め面白いでしょ? どうしても一度作ってみたかったの。 かなり長時間窯に入れてあったのですけれど、それでも生焼けでした。 普通のオーブンだともっと時間がかかるでしょうね。 大きいだけあって食べ応えもありました。 そうそう、肉厚のピーマンの甘味としっかり噛みごたえのあるひき肉の美味しさ。 今思い出してもまた食べたくなる味です。 ナポリのお菓子ももっと研究しなくっちゃ! 次はいつ行けるかな~? 楽しみです。^^
Commented by coco at 2009-08-08 16:52 x
ありがとうございます。
ほとんどカンペールの情報がなく困っていたところに、あまりにもの美味しそうなガレット(^^)が載ってたので、思わず質問させていただきました。ガレット楽しみです!(^^)/
またちょくちょく遊びに来させていただきます。
Commented by cookery-world at 2009-08-08 22:21
coco さん、再訪ありがとうございます♪
カンペール楽しみですね。 美味しいガレットたくさん食べてきてください! また遊びに来てくださいね。 コメントもお待ちしてます!
<< 久しぶりの「シシリア」@六本木♪ 週末の飲茶ランチ@恵比寿♪ >>