フィレンツェのトラットリアでランチ♪
アレッツォから帰国便に乗る為、フィレンツェまでやってきました。 飛行機は夜便なので、友人の事務所に行ってミーティング、それから近所のトラットリアへランチにでかけました。 事務所のすぐ隣でいつもお昼に出前をとるお店なのですが、この日はゆっくりお店でランチ。 ワインも飲みながらノンビリします。^^
a0076039_1422070.jpg

まずは友人お勧めのラヴィオリ~。 でた! またラヴィオリ。。ですよー。
a0076039_14234465.jpg

でも作りたてはやっぱりオイシイ~。 リコッタチーズのフィリングもいっぱい入ってます。
a0076039_14242867.jpg

まだポルチーニがあるとのことで作ってもらったタリアッテッレ。 今年のフレッシュは食べ納めかな。
a0076039_14251394.jpg

お肉は結局いつものタリアータ。 ルコラとパルミジャーノを掛けてもらいました。 良く焼きのお肉、オイシイ~。
a0076039_1426999.jpg

付け合わせ野菜は大好きなカルチョッフィのフリット。 アーティチョークはこれからが時期なのです。 冬のイタリアごはんの楽しみです。
a0076039_14271985.jpg

わーもうお腹いっぱい~! 「デザートは?」と聞かれましたが、ある目的があるので、パスしました。 やっぱりアレ食べてかえらないとね~♪
[PR]
by cookery-world | 2009-12-15 14:29 | Italy(701) | Comments(9)
Commented by sfarina at 2009-12-15 18:02
おお、またラビオリとタリアータ(^^)、お勤めご苦労さんです。
カルチョーフィのフリット食べたいよ~♪
その後は もしかして、もしかしたらGROMかな?
Commented by beijaflorspbr at 2009-12-15 18:38
私もsfarinaさんの仰るようにGromと予想しています(笑)
生ポルチーニ食べたことがありません!
肉厚で美味しそう~できたてラヴィオリもとっても美味しそうです。
本場の味、食べたいなあ~♪

Commented by flyrobin at 2009-12-15 20:11
私ね、リコッタチーズのラヴィオリ、あまり美味しくいただけなくて。。
多分本場のおいしいモノをいただいたことがないからかもしれません。
タリアッテッレは思いっきり大盛りを食べたい(笑)。
Commented by cookery-world at 2009-12-16 14:51
sfarina さん、ほんとお勤め御苦労さまですって感じなくらい同じようなものをよく食べ続けました。 カルチョッフィのフリット、良いですよね。 食べ続けているときはもう見たくないと思うくらいでしたが、今となって写真をみると、タリアータ食べたいな。。なんて思っちゃってます。^^ もちろんご存じの通りこの後はグロムでーす! もう行動パターンはすっかりお分かりですね!
Commented by cookery-world at 2009-12-16 14:53
ハチドリさん、はい、当たりです! というかワタシの行動はすっかり丸わかりですね。 ああ、生のポルチーニ食べていただきたいな~。 肉厚で美味しいのに加えて、香りが良いのです~。 ぜひ秋にイタリアへ一度いらしてくださいね♪
Commented by cookery-world at 2009-12-16 14:56
ロビンさん、ワタシもラヴィオリってあんまり得意ではないのですけれど、イタリアでは作りたてパスタ生地やリコッタチーズそのものの美味しさで食べられてしまいます。 あ、このタリアッテッレ↑は量が少ないのわかりました? これ友人と分けたので、半人前なんですよ~。 ロビンさんには特別に大盛りにして、ポルチーニも増量してもらわなくっちゃね♪
Commented by ryuji_s1 at 2009-12-22 15:29 x
フィレンツェ 食の都
お料理 美味しいお店が多いですね

Commented by ryuji_s1 at 2010-01-07 11:32 x
フィレンツェのトラットリア
素敵なレストラン
お料理 美味しそう イタリアで美味しいお料理 最高です
Commented by cookery-world at 2010-01-07 22:29
ryuji_s1 さん、12月と1月両方のコメントを今確認させていただきました。 お返事が遅くなってしまってごめんなさいね! 
フィレンツェはルネッサンスの都として有名ですすけれど、食の都なのはあまり知られていませんよね。 続けて毎日食べなければ美味しーい街です。^^
<< やっぱりグロム@フィレンツェ♪ そしてアレッツォ最後の夕ごはん♪ >>