アグリトゥリズモで夕食会♪
さて、そろそろ年末27日から休止していた、イタリア、トスカーナレポの続きを始めますね! マッサマリッティマでワイン三昧の楽しいランチの後、海沿いへ移動してきました。 とにかく日が短い時期なので、午後になるとあっという間に日が暮れてしまいます。 この銀の海岸沿いも5時にはもう日が沈む寸前の空。
a0076039_16442451.jpg

夕暮れをみた後、ちょっと内陸にはいったところにあるアグリトゥリズモへ。 到着の頃にはもう真夜中のように真っ暗でした。 暖炉の暖かさが嬉しくなる外の寒さです。
a0076039_16455510.jpg

部屋に入って、各部屋の視察も終わった頃、アペリティフが始まります。 お昼あんなに食べたのに、やっぱり日が暮れるとお腹空いちゃうんですね。 ピッツァをパクパク食べだしたら止まらない~。
a0076039_16472887.jpg

さてそろそろ夕食の始まりです。 大好きな無花果のジャムもらっちゃった。 自家製です。^^
a0076039_16481440.jpg

最初は白ワインから。
a0076039_16494373.jpg

前菜は鹿肉のカルパッチョサラダ。 脂身の少ない鹿肉、アッサリ目です。
a0076039_1653116.jpg

次に真緑のパスタがでてきました。 カーヴォロネーロという野菜のペースト和えのリングイネ。 茹でるとほうれん草のようになる、細長いちりめんキャベツみたいな冬野菜です。
a0076039_17135354.jpg

すごく塩辛いけど、オイシイ~! 今度カーボロネーロが手に入ったら、ペスト作ってみようかな。
a0076039_17143875.jpg

ワインが赤に変わりました。 
a0076039_1715772.jpg

メインのお料理はキアナ牛のポルペット。 肉だんご♪ これもかなり塩辛いお料理でしたが、挽肉好きのワタシは結構満足。
a0076039_1717348.jpg

ドルチェは梨入りスフォリアティーナ。 揚げ菓子がヴァニラクリームに浸ってます。 これもなかなか。
a0076039_1719584.jpg

初めて訪れたエリアで面白いごはんが食べられました。 明日はキアンティで楽しみなパスタ講習会です~♪
[PR]
by cookery-world | 2010-01-22 17:23 | Italy(701) | Comments(11)
Commented by sfarina at 2010-01-22 18:36
cavoroneroのペストかぁ、美味しそうですね。
今すぐにでもやりたいけど、今年はうちのNEROちゃんは不作なのです、チョびっとしか採れないから ペストは無理だなぁ、残念。
色が深くていいですね♪
お手製イチジクジャム最高ですね、もう一個は何でしょ?
ってうるさいですか(^^)
塩辛い・・・さすがトスカーナですね!
Commented by flyrobin at 2010-01-22 21:50 x
↑のsfarinaさんのコメントにもありますが、トスカーナ料理って
塩辛いのですね。。
空ごはんさんとリンクさせているタミーちゃんがトスカーナに行った
時に、お肉ばかりで野菜が殆ど食べられなかったと言ってましたが
そんなもんなんですか?イタリア料理にも無知な私でスミマセン^^。
Commented by kako_usa at 2010-01-22 21:55
ちょっとお久しぶりになってしまいました^^;
目の方はいかがですか?大事にして下さいね☆

カーヴォロネーロのペストって、バジルをカーヴォロネーロに変えたくらいですか?
洋野菜って調理法がわからず、現地の方に聞いたりしますが、
たいてい、油で炒めて塩&胡椒って言われるので、もっとちゃんと知りたいです(笑)

私がイタリアへ行った時、塩辛いと感じた時はいっぱいありました。
なぜそこまで塩辛くするのかな?と思ったんですけど、どうしてですか??
Commented by cookery-world at 2010-01-23 19:56
sfarina さん、たしかお宅でカーボロちゃん作ってたなーと思いながら、このペストの部分書いてたのですけれど、今年は不作なのですね。 残念! 色が鮮やかでキレイなペストでしたが、いくらトスカーナにしてもこの塩辛さは何かの間違い?くらい辛かったですよー。 料理人疲れすぎかしら?^^ 
無花果ジャムの隣はこれも自家製はちみつです。 ワタシははちみつが欲しいおじちゃんとトレードして、無花果2個もらってきちゃいましたけれど! 養蜂もやってるなんて、アグリも多角経営で頑張ってるのですね~。
Commented by cookery-world at 2010-01-23 20:02
ロビンさん、トスカーナもまた味濃いめのお料理が多いところではありますが、イタリア料理全般的に塩っぽいのですよー。 味はかなり濃い目と思ってください。 それにしてもここのお料理は尋常でない塩辛さだったので、何かの間違いだと思いました。^^;
ロビンさんのお友達のタミーさんもトスカーナいらしたのですね。 イタリア行くと野菜不足になるって、よく分かります。 彼らは基本肉食ですから、外食するときは、すごく気をつけて野菜を注文するようにしないと、野菜はほとんど食べられません。 とくにトスカーナだと前菜も野菜よりハムサラミって感じになっちゃいますしね~。 イギリスのように野菜をたくさん添えてメインを出してくれると良いのにな~といつも思ってます。
Commented by cookery-world at 2010-01-23 20:15
kako_usa さん、こちらこそご無沙汰しております。 お元気ですか?
ご心配ありがとうございます。 今のところは落ち着いているようですが、気をつけて生活するようにしています。
カーボロのペストってここで見たのが初めてなので、作り方は分かりませんが、味としてはたぶんバジルをカーボロに変えたものだと思います。 食べた感じ、堅茹でにして、水気をシッカリとったもので作っているのかな? 生ではなさそうな感じです。 そちらでカーボロネーロは手に入るのですか? いいなあ~。 もしできるようでしたら、今度試してみて教えてください! イタリアのお料理は塩辛いですよね。 お店によってももちろん違いますが、やっぱり日本人にとっては塩辛目です。 ワインと合わせてちょうど良い味にする為というのが定説ですが、基本塩辛いの好きなのでしょうね。 高血圧にならないかなと心配になったりします。 これもオリーブオイルで健康バランスとってるっていうんですけれど。。 どこまでホントかウソかわからない国です。^^
Commented by flyrobin at 2010-01-23 21:08
後で読んで真っ青^^;
「空ごはんさんとリンクさせている。。」だなんて。。
そんなつもりで書いたのではないですので(汗)。
Commented by cookery-world at 2010-01-24 01:44
ロビンさん、うっかりこちらのコメント見落としちゃってました。 ゴメンナサイ!
もちろん、わかってます、わかってます、リンクなさってる、とかリンクされているタミーちゃんって書いたつもりなのは十分わかってます。 ご心配なく!^^
Commented at 2010-12-03 00:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cookery-world at 2010-12-03 20:07
鍵コメさん、当ブログを覗いてくださってありがとうございます。 この記事のアグリトゥリズモはラ・パッリーナといいます。 サイトアドレスはwww.parrina.it/ です。 場所はオルベテッロからちょっとだけ内陸に入ったところにあります。 ここはワイン、オリーブオイル、チーズを自前で製造して、家畜もたくさん飼っていますし、養蜂もやっていて、農家としては面白いと思いますが、宿としてはお部屋の格にかなりのばらつきがあって行き届かない点もありましたので、ワタシ個人の意見として、泊るのにはあまりお勧めではありません。 恐らくここでは料理教室はやっていないのではないかなと思います。
Commented by cookery-world at 2010-12-03 20:07
お勧めのところはトスカーナのなかでもいろいろありますが、旅行手配を生業としておりますので、無責任に適当なことはいいたくありません。 ご要望とあれば、鍵コメさんのご希望やご日程に合わせたご滞在場所、レストラン、お料理教室など手配させていただきますので、ブログ右わきの「ワタシの仕事場はここ」リンクからお問い合わせくださいませ。 トスカーナの田舎は冬場締まっているところが多いので、よくご確認なさってからいらっしゃることをお勧めします。 どうぞお気をつけておでかけくださいね。
<< キアンティでパスタ作り講習会♪ 自然薯料理屋さん@九段下♪ >>