<   2009年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧
アヌシー湖畔のオーベルジュごはん♪
シャモニーから車を走らせること1時間半、アヌシー湖畔までやってきました。 ランチストップは何年か振りでやってきたAuberge de Letrazです。 変わらないエントランス、懐かしい~。
a0076039_2011045.jpg

土曜日の昼下がり、広い店内もお客さんでいっぱい。 私たちの予約した一番奥の広いテーブルだけ空いてます。 相変わらずのお店の人気に安堵しながら席に着きます。
a0076039_20151070.jpg

まずは店主のご挨拶のあと、やってきたのは小さな可愛いテリーヌのアミューズ。 フレンチのこんなところが好き。
a0076039_20163190.jpg

続いてやってきた、蟹とマンゴーの前菜。 キレイ~!
a0076039_20175152.jpg

胡椒の効いた蟹とマンゴー、なかなか相性が良くて驚きです。
a0076039_20184275.jpg

メインは鴨ロースト。 付け合わせの野菜が美しすぎ。^^
a0076039_20211581.jpg

ローストの焼き加減が絶妙な上、野菜の下に敷いてある鴨のコンフィが美味しくて感動! マルメロの実や野菜の付け合わせとの相性も最高です。 あ~ひさびさに心躍る一皿に出会えました。
a0076039_20254782.jpg

デザートはやっぱりここでもチョコレート。
a0076039_20274544.jpg

ひとつひとつ風味や食感、味の違うチョコレートを一緒に食べるとちょうど良い加減です。 計算しつくされてるなー。
a0076039_20291098.jpg

食後のプチフールもかわいい。 食べるのもったいないくらい。(でも食べちゃいます。^^) 
a0076039_20305846.jpg

感動のごはんの後、湖側の庭にでてみました。 アヌシー湖がキレイ。 
a0076039_20302858.jpg

ひさびさにやってきましたが、以前と変わらず美味しい食事に嬉しくなりました。 いつのまに日本語ペラペラになった奥さんにご挨拶して、後ろ髪ひかれながら、アヌシーの町へ。
a0076039_20321742.jpg

湖の水の色がキレイ。 晴れていて良かった~。
a0076039_2034725.jpg

街中もちょっと散策します。
a0076039_20345847.jpg

ほんのちょっとの滞在でしたが、大好きなアヌシーを満喫できました。 ここから旅は最終目的地、ジュネーヴへ移動します。
[PR]
by cookery-world | 2009-10-31 20:40 | France(110) | Comments(2)
モンブラントンネルを抜けてシャモニーへ♪
3日間のアオスタ滞在も終えて、今度はフランスへ向かいます。 道路の両側でだんだん高くなってくる山々を眺めながら、イタリア側トンネルの入口近くまでやってきました。
a0076039_13372177.jpg

さていよいよトンネルに入りまーす。
a0076039_13381072.jpg

入りました! ずーっと変わらない風景。 全長11.6キロ、ずっと真っ直ぐなのが凄い!
a0076039_13391327.jpg

10分ほど走って、出口までやってきました。
a0076039_13393940.jpg

はい、フランスです。 ずっと地図でみていて憧れていたトンネルもあっという間に通り過ぎちゃいました。^^
a0076039_13404921.jpg

曇りというより、まだ朝靄のなかのフランスです。 イタリアとちょっと雰囲気違います。
a0076039_13413050.jpg

シャモニーの町に立ち寄りました。 モンブランに初登頂したバルマさんの指さす先にはモンブランがある筈!
a0076039_14538.jpg

さすがに標高1000メートルのシャモニーは寒い! でも素敵な風景と町並みに見惚れますね。 こんなところでゆっくり滞在したいな~。
a0076039_1464193.jpg

寒いのでパン屋さんに飛び込みました。
a0076039_1471020.jpg

店内は焼きたてパンの良い香り~。
a0076039_147379.jpg

キッシュ美味しそう~
a0076039_1475847.jpg

コレも食べたいな~
a0076039_1481660.jpg

やっぱり買っちゃいました、美味しそう。
a0076039_1484494.jpg

寒いなか外でかじりながら歩こうかと思ったら、よさそうなカフェ発見!
a0076039_1491931.jpg

なんと店内ピクニックOKとのことで早速買ってきたパンを持ち寄って食べます。
a0076039_1410422.jpg

そのうちモンブランもビックリの山高クリームの載ったカフェ登場~。
a0076039_14105644.jpg

パンも美味しいし、
a0076039_14111884.jpg

クリームも美味♪
a0076039_1411399.jpg

ちょっと後ろ髪ひかれながら、次の目的地アンシーへ移動です!
[PR]
by cookery-world | 2009-10-30 14:15 | France(110) | Comments(2)
アオスタで和食研究会~♪
お腹いっぱいになってアオスタまで戻ってきた夜、やっぱりちょっと何か食べなくちゃということになり、ホテル近くの例のアジアンレストランまで行ってみました。 前夜と同じく大賑わいの店内でしたが、なんとか入口近くの席を確保♪
a0076039_1847386.jpg

揚げせんべいは中華風ですね。
a0076039_18472527.jpg
 
みんなで思い思いに和食系で注文してみました。 まずやってきたのはワタシのお寿司。 天ぷら巻きですよー。^^
a0076039_18494264.jpg

ふふ、妙に美味しい天ぷら寿司。 お米が美味しかったらもっと美味しいのにね。
a0076039_18502664.jpg
 
親子丼。。 ちょっと汁だくすぎですね。^^; 親子丼みたことないヒトが作ってるのかも。
a0076039_18505535.jpg

そばと間違えられちゃって残念でしたが、天ぷらうどんも美味しそうでした。  
a0076039_185665.jpg

ワタシの中華風シーフードスープ麺もやってきました。
a0076039_19262313.jpg

良く見ると麺が素麵のようです。 具はぜんぶ冷凍ものでしょうけれど、スープの味はなかなかですよん。 やっぱり海外滞在中は汁モノを食べられると嬉しいですね。
a0076039_19273844.jpg

最後にやってきた、茶そば! 見た目ちょっと。。ですが、味は美味しかったそうですよ。 添えられたフォークとスプーンが気になる。。
a0076039_1930019.jpg

ジャスミン茶でほっとひといき。
a0076039_19302641.jpg

アオスタまで来るとアジア料理もずいぶん変化してます。 美味しくて面白いごはんになりました。
[PR]
by cookery-world | 2009-10-29 19:33 | Italy(701) | Comments(4)
アオスタでワイナリー訪問♪
アグリトゥリズモでのごはんの後、ワイン醸造所を訪問しました。 着いていきなり、葡萄の山に遭遇です。 ちょうど収穫の時期ですものね。
a0076039_1744046.jpg

どどどーっと潰す機械にいれられていくブドウ。 甘い果物の香りが漂ってます。 ワインじゃなくてジュースで飲みたいかも。
a0076039_17443391.jpg

近代的なアルミタンクの設備も整ってます。 どうやら周辺の葡萄農家から運ばれてきたワインをまとめて醸造している様子。
a0076039_1757991.jpg

少ないながら樽熟成もしてます。
a0076039_17574293.jpg

周辺のワインづくりをしている集落の数だけある飾り樽。
a0076039_17581512.jpg

アオスタ地区の樽。 彫刻がキレイです。 
a0076039_17584642.jpg

さて外にいったん出て、楽しみな試飲へ♪
a0076039_17591640.jpg

おじちゃんが注いでくれます。
a0076039_17595535.jpg

おんなじ白でも
a0076039_1801640.jpg

ブドウ品種や使う割合によって、香りも味もさまざま。
a0076039_1804479.jpg

やっぱり赤オイシイ~。 ミラノの見本市会場や東京の旅行博のセミナーでも飲ませてもらった味です。 生産量が少なくて、ほとんど州内消費で終わってしまう珍しいワインを3回も飲んじゃいました。
a0076039_181345.jpg

薬草がたくさん入ったワインもありました。
a0076039_1821346.jpg

グラッパもお味見。 おじさん、いろいろありがとう~♪ 
a0076039_1824034.jpg

試飲も終わって、今度はアオスタの町近くのメゾン・フォンティーナへ。
a0076039_1833162.jpg
 
注文してあったフォンティーナチーズをみんなで引き取って、(ああ丸ごと買って帰りたい~!)
a0076039_184311.jpg

アオスタへ戻ります。 すっかり晴れて良いお天気になりました。
a0076039_1844023.jpg

アオスタ最後の午後を楽しんで~晩ごはんは何にしようかしら?^^
[PR]
by cookery-world | 2009-10-28 18:07 | Italy(701) | Comments(4)
フェニス村のアグリトゥリズモでお料理~試食ランチ編♪
準備があるからと厨房を追い出されて、畑の見学へ向かいました。 おばあちゃんが案内をしてくれます。
a0076039_1631947.jpg
 
すごくきれいになっているキャベツ。 新鮮そうでいいな。
a0076039_16313611.jpg

いちごも生ってます~。
a0076039_16315747.jpg

どうぞどうぞとお勧め下さるので、おひとつ。 すごく甘くてオイシイ~!
a0076039_16322922.jpg

おんまちゃんにもごあいさつ。 ちょっとシャイな子でしたが、鼻をなでさせてくれました。
a0076039_16325225.jpg

鶏もいっぱいです。
a0076039_16333424.jpg

ロバくんはおばあちゃんが近づくと嬉しそう。 かわいい。
a0076039_16335719.jpg
 
さて、食事の用意ができた頃、食堂へ戻ります。 あー美味しそうにできてる、チーズ!
a0076039_1634394.jpg

アグリトゥリズモ滞在中の他のお客さんのお皿もキレイな盛り付けだったので激写。
a0076039_16352039.jpg

前菜からいっただきまーす! うーん、チーズもハムもりんごの揚げものもオイシイ~!!
a0076039_1636335.jpg

あつあつのフランもやってきました。
a0076039_16362035.jpg

ふわっとしてオイシイ~。
a0076039_1636464.jpg

キャベツとパンのチーズスープもこんな感じ。 スープというより、グラタンに近いものがあります。
a0076039_16372157.jpg

熱々でどろどろのスープ、素朴な美味しさが◎。
a0076039_16381558.jpg

フォンドゥータもどかんとでてきます。
a0076039_16384572.jpg

ポレンタの上にたっぷりフォンティーナのチーズソースがのってます。 濃厚でお腹いっぱいの身にはもうはいりません。 残念~。
a0076039_16394321.jpg

そうでした、お肉もありましたっけ。
a0076039_164064.jpg

付け合わせの野菜も美味しそうに焼けました。
a0076039_16402988.jpg

牛肉の揚げ焼きです。 美味しいのでなんとかがんばって食べられます。
a0076039_16411971.jpg

デザートは梨のワイン煮。 煮ても型崩れしないシッカリとした梨は味が濃くてオイシイ。
a0076039_16423763.jpg

よくこんなに食べられたな。。と思うほど食べちゃいました。 アオスタの素朴料理体験、楽しいものになりました。 ウチでも真似していろいろ作ってみたいなと思ってます。
[PR]
by cookery-world | 2009-10-27 16:44 | Italy(701) | Comments(4)
フェニス村のアグリトゥリズモでお料理~プリモ、セコンド&ドルチェ編
アグリトゥリズモでのめまぐるしいお料理講習はまだまだ続きます。 プリモはアオスタに昔から伝わるスープを作ります。 まずはキャベツをざくざくたくさん切って、スープでくたくた煮ます。
a0076039_16212958.jpg

カラカラのパンをざく切りにして用意したら、
a0076039_16221790.jpg

パンの上からざーっと煮たキャベツをのせて、
a0076039_16225666.jpg

そのうえにフォンティーナチーズもドッサリのせて、混ぜます。 大胆料理に驚き~。
a0076039_16235814.jpg

オーブンでしばらく焼いたら、美味しそうなにおいが漂ってきました。^^
a0076039_1624589.jpg

プリモのもう一品、フォンドゥータ(イタリア版チーズフォンデューのようなモノ)の準備で、フォンティーナチーズをミルク漬けに。
a0076039_16354664.jpg

セコンド(メイン)のお料理はお肉。 薄切りにした牛肉にパン粉の衣をつけて揚げます。
a0076039_16365969.jpg

揚げたお肉にセージの葉、ハム、チーズをのせてオーブンへ。 これもおいしそう。
a0076039_16374440.jpg

さきほど茹でてフランに混ぜ込んだ野菜の茎もお肉と一緒に衣をつけて揚げます。 昔からの食材を無駄にしない知恵ですね。
a0076039_1639329.jpg

お肉の付け合わせの茹でジャガイモとリンゴもオーブンへ。
a0076039_16405715.jpg

お料理の最初から火にかけていた梨のワイン煮も
a0076039_16461365.jpg

ほどよく煮えてきました。
a0076039_16484383.jpg

さてお料理の最終仕上げは奥さんにお任せして、畑の見学にでかけます♪ どんなランチになるか楽しみ~!
[PR]
by cookery-world | 2009-10-26 16:53 | Italy(701) | Comments(2)
フェニス村のアグリトゥリズモでお料理~前菜編♪
朝からアオスタ近郊の村フェニスにやってきました。 朝靄に浮かぶフェニス城の影が素敵~。
a0076039_15272547.jpg

村外れのアグリトゥリズモに到着。 こちらの農家、可愛いお家が多いのです。^^
a0076039_15282410.jpg

朝ちょっと早くやってきたのはほかでもない、チーズ作りの見学の為! 早速厨房にはいらせてもらいました。
a0076039_15291925.jpg

攪拌していくと、ぷよぷよした塊が浮かんできます。
a0076039_15303053.jpg

その塊をすくって、水分が抜けるよう網状になった容器にいれます。
a0076039_15312485.jpg

みんなで手分けしてたくさん作りました。 これを冷蔵保存して、固めていきます。 どんなんなるのか楽しみ~♪
a0076039_15323784.jpg

今ちょうど旬のリンゴをたくさん使いますよ~と奥さんがどんどん刻んでいきます。 まずはバルサミコドレッシングと和えて、
a0076039_153428.jpg

生ハムの上に載せます。 うーんおいしそ。
a0076039_1534514.jpg

庭から摘みたてのハーブを無造作にちぎって、
a0076039_15353859.jpg

小麦粉と発泡水で作った衣のなかに投入~。
a0076039_1536308.jpg

林檎をくぐらせたら、油で揚げまーす。
a0076039_15371745.jpg

次はフラン作り。 リコッタ、パルミジャーノ、たまごなんかを混ぜて、
a0076039_1538321.jpg

また別の野菜、ちょっとほうれん草っぽい、をお庭から採ってきて、茹でて、
a0076039_15402256.jpg

フラン生地に混ぜて、
a0076039_15405083.jpg

カップに入れたら、オーブンで焼きます。 これも焼き上がり楽しみです。^^
a0076039_15412916.jpg

めまぐるしく色々なお料理づくりが進んでいきました。 さらにプリモ、セコンド、ドルチェと続きまーす。
[PR]
by cookery-world | 2009-10-25 15:47 | Italy(701) | Comments(2)
アオスタで中華料理テイクアウェイ♪
お菓子作り講習も終えて、アオスタまで戻ってきました。 お昼もお菓子もお腹いっぱい食べたので、もう夕ごはんは食べないで寝よう。。と思っていたのですが、9時過ぎになって、やっぱりお腹空いてきた気がしたので、町にでてみました。
a0076039_4454682.jpg

街の中心広場のすぐそばにアジア料理屋さんを発見! 中華、お寿司、和食、タイ料理。。すごい種類のメニューのなかから中華モノをちょっとだけテイクアウェイすることにしました。^^
a0076039_4481029.jpg

お部屋に持ち帰って、さっそく開けてみると、おお、意外と美味しそう~牛肉の炒め物~。
a0076039_4491492.jpg

と、海老チャーハン。 ぱくぱく食べちゃいました。 オイシイ~!
a0076039_4501359.jpg

ちょっと夜中に食べすぎちゃいましたけれど、ひさびさの美味しいテイクアウェイごはんを楽しめました。
[PR]
by cookery-world | 2009-10-24 04:58 | Italy(701) | Comments(4)
チョコレート菓子講習会、つづき♪
さて次はフォンダンショコラ作りです。 まずはバターとチョコレートを溶かして、
a0076039_3473590.jpg

とけたチョコレートと卵、小麦粉を混ぜた生地を一緒にあわせます。
a0076039_3483817.jpg

出来上がった生地はバタースプレーしたカップに量りながら入れて、オーブンへ。
a0076039_350679.jpg

と同時に、チョコレート・ソルベの材料もアイスクリーマーへ投入~。 ジェラートではなくて、珍しいソルベなのが気になるところです。
a0076039_3512486.jpg

最終的な盛り付け作業はパティシエくんのオシゴトです。 遠くで見守ってます。
a0076039_3531174.jpg

お、フォンダンも焼きあがりました♪
a0076039_3535942.jpg
 
テーブルについて、デザートが運ばれるのを待つ間、お茶をいただきました。 コーヒーではなく、ハーブやいろいろなお茶に凝っているお店のようです。 さんざん迷って、「センチャ」にしました。^^
a0076039_356848.jpg

そして、やってきました、キレイな盛り付けのお皿~♪
a0076039_3565322.jpg

三段重ねのテリーヌ、美しくできあがりました。 
a0076039_357553.jpg

フォンダンショコラもチョコレートソルベもオイシイ~!
a0076039_3585162.jpg
 
自家製のマカロンもいただきました。 
a0076039_359448.jpg

オイシイ午後のひとときに満足の講習会になりました。
[PR]
by cookery-world | 2009-10-22 04:00 | Italy(701) | Comments(8)
チョコレート菓子講習会♪
グランサンベルナールから山を降りて、アオスタへ戻る途中、ホテルレストラン「ラ・クルーザス」に立ち寄りました。
a0076039_2359553.jpg

このとても素敵なホテルレストランの厨房でチョコレート菓子のデモンストレーションを見せてもらうことになりました。 どんなお菓子作りがみられるのか楽しみ~♪
a0076039_012438.jpg

早速パティシエのオニイサンが、三種のチョコレートムースのテリーヌを作り始めます。 後方からオーナー夫妻が講習会の逆レポをしていますよー。^^
a0076039_035892.jpg

始めにホワイト、ミルク、ダーク3種類のチョコレートを溶かしました。
a0076039_0113417.jpg

チョコを溶かしている間にビスキュイ生地も作って、鉄板に薄延ばし。
a0076039_0134424.jpg

ビスキュイを焼いているあいだに、パッションフルーツのシャーベットをアイスクリーマーにかけました。
a0076039_0163060.jpg

こうばしく焼けたビスキュイ生地を切って、型にならべます。
a0076039_0243992.jpg

そこへチョコレートとあわだてた生クリームを混ぜてつくったムースを流しこみます。 まずはホワイトチョコから。
a0076039_0274542.jpg

次はミルクチョコレートのムース♪
a0076039_0293599.jpg

ビスキュイ生地をはさんで、ミルクチョコも流しこみ。
a0076039_0315398.jpg

最後にダークチョコのムースも流しいれたら、ビスキュイでふたをして作業はオワリ。 後は冷蔵庫で冷しかためます。 
a0076039_036385.jpg

できあがりを楽しみにしながら、次のケーキ作りをはじめます。 このつづきはまた後で!
[PR]
by cookery-world | 2009-10-21 23:51 | Italy(701) | Comments(0)