<   2011年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧
年越し晩ごはん♪
みなさま、極寒の北海道からこんばんは。 あと今年も1時間を切りました! cookery 家では毎年恒例のおせちづくりでバタバタした年末を過ごしていましたが、なんとか夕ご飯前には準備が終わりました。 今年もお疲れさまでした~。
a0076039_237059.jpg

夕ごはんは野菜サラダと、
a0076039_2384016.jpg

特大ドンブリで作った海鮮茶わん蒸しから。
a0076039_2310124.jpg

雲丹いっぱいでおいしー。
a0076039_23104464.jpg

そしてもちろん揚げ物! 海老と野菜のフライと、
a0076039_23113797.jpg
 
これがないと年が暮れない鶏カラ♪
a0076039_23121871.jpg

それからアワビのバター炒め。
a0076039_23131441.jpg

ハマチのアラの煮物。。 もうお腹いっぱいでなにも食べられません~。
a0076039_23143090.jpg

とか言いながらシメの鮭親子ごはんをいただきます。
a0076039_23151453.jpg

毎度ながら今年最後の夜も満腹満足のごはんをいただきました。 あと何分かで今年も終わりです。 いろいろなことあった1年でしたが、来年は良い年になりますように。 みなさま、良い新年をお迎えください。
[PR]
by cookery-world | 2011-12-31 23:18 | 番外~つくったもの(256) | Comments(0)
ナポリの朝ごはん♪
ボルドーから帰国してすぐナポリへでかけました。 先週行ってきたイギリスとは対照的な朝ごはんなのがイタリアで、基本的に甘い菓子パンとコーヒーくらいしかでてきません。 イングリッシュブレックファストと比べてしまうと非常に寂しいごはんですが、慣れてしまうと意外とこれがスッキリしてよかったりして、近年は慣れてきました。 ナポリに来たら、やっぱりコレ食べなくっちゃね、ホテルの朝食堂で見つけて良かった~スフォリアテッラ♪
a0076039_23503014.jpg

ナイフを入れるとパリンと割れるパイ生地。 リコッタの中身がオイシイ~。
a0076039_23512665.jpg

そして淹れたて熱々のカプチーノ。 これで十分な朝ごはんになっちゃいます。
a0076039_2352209.jpg

時間がないので急いで港へ様子見にでかけようと外に飛び出ると、真っ青な空。 初日から良いお天気で良かった!
a0076039_23534993.jpg

風も凪いでるし、これは良いカプリ日和になりそうですよ。 苦手な船ですけれど、今日は楽しくでかけられそう。^^
[PR]
by cookery-world | 2011-12-29 23:55 | Italy(701) | Comments(2)
ボルドー、最後の晩餐♪
ワイナリー巡りから市内に戻って、夕ごはんは町中のレストランへでかけました。 有名なシェフのグルメレストランということで楽しみ♪
a0076039_10572558.jpg

こじんまりとした席数の少ないレストラン。 明るい雰囲気です。
a0076039_10575929.jpg

まずはシャンパンで乾杯!
a0076039_10583597.jpg

まずはアミューズ。といっても前菜かな?と思うくらいの量です。 ふつうは一口モノが多いので、嬉しいかぎり。 マンゴー風味のスープはちょっと不思議な味。
a0076039_11369.jpg

そして前菜はパプリカ風味のスモーク海老。
a0076039_1135346.jpg

メインはヒメジ。レモンソースがサッパリでオイシイ。
a0076039_1142994.jpg

添え野菜は焼きキヌア。 フランスでは何度かあるけれど、日本のレストランではあまり見たことがありません。 フランスで人気なのかな。 
a0076039_1171724.jpg
 
デザートはネクタリンタルト、セイボリー風味。 セイボリーの葉っぱがそのままささってます。 かなりスパイスが効いていましたけれど、ネクタリンが熟れていて美味でした。 
a0076039_1191998.jpg
 
手作りのプチフールも美味しそう。 ボルドー名物のカヌレも一口の可愛いサイズです。
a0076039_1117231.jpg
 
ハーブやスパイスを多用するシェフのようで、お家では作れないような面白いお料理が楽しめて、楽しい夕食会になりました。 美味しいものが多いボルドー。 またゆっくり行きたいなと思いつつ、帰国の途に着きました。 ここでようやく北イタリア&フランス旅のレポが終了です。 ここからはこの旅の次にでかけた南イタリア旅と先週行ってきた英国&ローマ旅に年末年始のレポも混ぜつつ、更新していきたいと思います。 また覗いてくださいね♪
[PR]
by cookery-world | 2011-12-28 11:18 | France(110) | Comments(8)
ボルドーのワイナリー訪問、続き♪
ちょっと間が開いてしまいましたが、ボルドーで訪れたもう一軒のワイナリーもご紹介したいと思います。 お腹いっぱいランチをいただいた後、シャトー・ポンテ・カネというワイナリーへ。
a0076039_1348273.jpg

まさに作業中のところお邪魔しました。 度々ワイナリーを訪れているワタシでもこんな様子が見られるなんて滅多にないことなので、収穫期が早くなってくれたことと、こんな忙しい時期になかの見学を許してくれたワイナリーに感謝です。
a0076039_13511587.jpg

どんどん仕分けされたブドウが流れていきます。 意外と熟しているのを使うのですねえ。 
a0076039_13524120.jpg

ワイナリーとしてはかなり歴史が古いそうで、素晴らしい貯蔵庫があります。 
a0076039_13561596.jpg

そしてブドウ畑が見渡せるお部屋でティスティング♪
a0076039_1357013.jpg

注ぎだすと良い香りが漂います。
a0076039_13573858.jpg

重めで結構好きな味です。 熟成するともっと美味しいかも。 
a0076039_143204.jpg

社長や従業員の方のお話もワイン造りへの情熱が伝わってきて、好感がもてます。 シャトー・マルゴーはそれで完成されたものがあって素晴らしいのですが、これから品質を上げていこうと頑張るワイナリーも面白いですね。
a0076039_1433939.jpg

ボルドーではちょうど収穫期のタイミングで良いワイナリー訪問ができました。
[PR]
by cookery-world | 2011-12-27 14:13 | France(110) | Comments(0)
クリスマス・ローストランチ♪
イギリスでとてもお世話になったロビンさんからいただいたグレーヴィーの素とパクソを使って、クリスマスにローストを作ってみました。 ローストと言っても、丸鶏は食べきれないので、ムネ肉のパクソ巻きにしてみました。 パクソはローストの詰め物などに使うハーブ入りのパン粉のようなモノで、イギリス懐かしの味です。 なかなか美味しくできましたよう! ロビンさん、ありがとう♪
a0076039_1219120.jpg

そしてイギリスのクリスマスに欠かせないクリスマスプディング。 定番の添えモノ、ブランディバターがないので、ブランディ風味のマスカルポーネ添えですが、これもなかなか◎。
a0076039_12232296.jpg
 
今年は帰国後すぐ後だったので、ちょっとイギリス風なクリスマスランチになりました。
[PR]
by cookery-world | 2011-12-26 12:26 | 番外~つくったもの(256) | Comments(0)
イングリッシュ・ブレックファスト♪
ボルドーレポの途中で今年最後の旅へと出かけてしまいました。 また更新が途絶えてしまっていてゴメンナサイ! 今回は始めにイギリス、それからローマを訪れましたが、最初に行ったイギリスで何と言っても楽しみなのが朝ごはん。 朝からいろいろ調理モノがたくさん食べられるイングリッシュ・ブレックファストが大好きです。 後ろに隠れてちょこっとしか見えませんが、懐かしのベイクドビーンズ、美味しすぎ。^^
a0076039_214913.jpg

毎日ボリューム満点の朝ごはんに続いて、お昼、晩ととにかく食べ歩く幸せな日々を過ごしてきました。 フランスレポに混ぜながら、紹介していきますので、また覗いてくださいね。 とても寒い週末になりましたけれど、どうぞ皆さま楽しいクリスマスをお過ごしください!
[PR]
by cookery-world | 2011-12-24 21:53 | England(50) | Comments(6)
アルサンのビストロでお昼ごはん♪
シャトーマルゴーからポイヤック道を車で少し走ったところにあるビストロにはちょうどお昼時に到着しました。
a0076039_18153519.jpg

壁一面にあるキャビネットはこの地方のワイン醸造元がそれぞれワイン保管庫として使っていて、鍵はそれぞれの醸造元が管理しているとのこと。 面白いシステムです。 さすがボルドー、かなり名前の知られた高級ワインも入ってますねー。
a0076039_1824444.jpg

シャンデリアの飾りもブドウです。 かわいい。
a0076039_18242741.jpg

今日のメニューは予約の手配もしてくれた地元のワイン買付業者さん。 メニューもおまかせしてます。 まずは野菜スープ。
a0076039_1825399.jpg

それから野菜サラダ。 ニホンジンが汁モノと生野菜を食べたがるのは調査済みなのかしら?
a0076039_1826254.jpg

そしてでました、メドックの郷土料理、内臓肉を加工したグルニエ・メドキャン。 ワタシは食べられませんでしたが、臭みがなくて美味しかったそうです。
a0076039_1831196.jpg
 
メインはポイヤック名物の子羊ロースト。 これもワタシは食べられませんでしたが、柔らかくて臭みもなくて美味しいそうですよ。
a0076039_18315421.jpg

食べるものがなくて飢えそうになった(←うそ)ので、代わりのお料理を恵んでもらいました。
お店のおばちゃん「何なら食べられるの?」
ワタシ「豚とか鶏とか牛とか。。ヒツジでなければ。。」
お店のおじちゃん「じゃあ鴨とかは?」
ワタシ「鴨、大好きです。お願いします♪」
でやってきた鴨のコンフィ♪ カルカッソンヌで食べたのも美味しかったけど、これも表面カリカリでおいしー!
a0076039_18373885.jpg

そしてデザートは焼き立てパイのアイス載せ。 焼きたての良い香りが漂います。
a0076039_18382658.jpg

パイの中にはりんごと干しブドウ、アイスはラムレーズンでブドウづくしです。 さすがブドウ産地。 ピッタリの組み合わせで美味でした。 思いだしてもまた食べたい。。
a0076039_18392687.jpg

メインがひつじでどうなるかと思いましたが、お店の配慮もいただいて、おなかいっぱい美味しくいただきました。 さて午後ももちろんワイナリー訪問ですよう~。
[PR]
by cookery-world | 2011-12-11 18:43 | France(110) | Comments(0)
シャトー・マルゴー♪
ボルドーを出発して郊外にでると広がるブドウ畑。 さすが有名なワイン産地なだけあって、どこまでも同じ風景が続きます。
a0076039_2219299.jpg

素敵なシャトーがあったのでちょっと立ち寄りましょう。
a0076039_22201019.jpg

近づいてみるとお庭も素敵でした。
a0076039_2222677.jpg

まさに収穫シーズンだったので、ブドウがたくさん生ってます。
a0076039_22223881.jpg

ふたたび暫く走って、目的地のシャトーマルゴーにやってきました。 ちょうど収穫の真っ最中。
a0076039_22233592.jpg

作業場もちょこっと覗かせていただきました。
a0076039_2224249.jpg

そしていよいよシャトーの方へ。 あーワインのラベルと一緒~。
a0076039_22243980.jpg

途中で画を描いていたオジサンとお話し。 英国人の方でした。
a0076039_22251133.jpg

近くで見ると大迫力の建物です。
a0076039_22253097.jpg

貯蔵庫も見せていただきました。
a0076039_2226119.jpg

あたりまえだけど、これ全部マルゴー!と思うと感動です。
a0076039_22264353.jpg

地下での作業も見学させていただきました。
a0076039_2228743.jpg

そしていよいよお楽しみの試飲タイム♪
a0076039_22283121.jpg

セカンドのパヴィヨンからいただきます。
a0076039_2234469.jpg

珍しいパヴィヨンの白も。
a0076039_22351092.jpg

それからシャトーマルゴー。 2008年は良い年だそうなので、あと何年かしてから飲みたいなあ~。^^
a0076039_22361360.jpg

収穫時期にシャトーマルゴー見学ができるなんて、とても良い経験になりました。 ちょっとほろ酔い加減でランチのレストランへ向かいま~す。(*^_^*)
[PR]
by cookery-world | 2011-12-10 22:43 | France(110) | Comments(0)
ボルドーのビストロで夕ごはん♪
トゥールーズから旅の最終目的地ボルドーまでやってきました。 夕方遅めに到着したので、ホテルから歩いて行ける近くのビストロで夕ごはんです。 人気のお店らしくお客さんがいっぱいで全体の写真が撮れませんでしたが、アイビーいっぱいの壁に囲まれた中庭での食事はなかなか素敵です。
a0076039_1931591.jpg

前菜はフォアグラ&レンズ豆のテリーヌ。 両方大好きなので嬉しい一皿。 舐めるように完食!
a0076039_1951077.jpg

メインのお肉は鶏、中にはさらにひき肉のお肉が詰まってます。 これもちょっと塩辛ながら好きな味でした。
a0076039_19639.jpg

食後のデザートはいちごの砂糖がけ。 フランスではこうやってシンプルに食べられることが多いそうですが、
a0076039_1965555.jpg

やっぱりヴァニラアイスを載せてもらうことに。 アイスが載ってたほうが美味しいですよね♪
a0076039_1975279.jpg

ビストロごはんに満足のボルドー初日でした。 明日はワイナリー巡りですよう~。^^
[PR]
by cookery-world | 2011-12-07 19:10 | France(110) | Comments(6)
トゥールーズ郊外のレストランでお昼ごはん♪
1晩過ごしたカルカッソンヌからトゥールーズにふたたび戻ってきました。 午後一に視察予定があるので、早めにトゥールーズ郊外の一軒家レストランへ向かいます。
a0076039_9255143.jpg

青空の広がる気持ち良いお天気だったので、テラス席でお食事です。
a0076039_9262849.jpg

まずはちょこっと生ハムのおつまみ。
a0076039_9272989.jpg

前後にお肉料理の日々が続くので、お魚料理にしてみました。 前菜盛り合わせ。
a0076039_9281227.jpg

メインは鱸のグリエ。 カシスソースなんて珍しい。 焼き加減が◎で美味しくいただきました。
a0076039_9291184.jpg

時間があまり無いので、デザートはなしの予定でしたが、小菓子をだしてくれました。 焼きたてのフィナンシェがおいしー。 食後にちょっとでも甘いものがあると嬉しいですね。
a0076039_930295.jpg
 
コーヒーでホッとひといき。1時間位の食事予定でお店にかなり急いでもらうようお願いしたので、40分のクイックランチになりました。 これって一応コースでだしてもらうスピードとしてはヨーロッパでは驚異的な早さです。
a0076039_9305086.jpg

お陰で余裕をもって午後の視察先へ移動できました。 素敵なレストランだったので、今度トゥールーズに行けるときにはゆっくり余裕をもって食事を楽しめたらいいなと思っています。
[PR]
by cookery-world | 2011-12-05 09:45 | France(110) | Comments(0)