タグ:お料理教室 ( 28 ) タグの人気記事
お料理教室に行ってきました♪
先週末雨のなか、コメントでもいつも登場してくれているKさんと一緒にお料理教室『いただきます』に行ってきました。
a0076039_22234437.jpg

和菓子教室には母と一緒に一度参加したことがありましたが、日本では初めてのお料理講習。。ちょっと緊張します。 この日はセンセイおふたりと生徒4名の小さな講習になりました。
a0076039_22264558.jpg

こちらできあがりの図! 作っている間は忙しすぎて写真を撮ることができませんでした。 ふふ、美味しそうに並んでます♪
a0076039_22273550.jpg

まずは三色ナムル。 それぞれ食感も味も違っていて、なかなかオイシイ~。 普段しないアッサリ目の味付けはとても新鮮でした。
a0076039_22283690.jpg

ちょっと凝った作り方のえびチリ。 これも美味しかったですねー。 ウチでも作ってみなくっちゃ。
a0076039_22291237.jpg

現代風アレンジのすいとん。 やわらかいすいとんは食べやすくて◎。 バターの風味も食欲をそそります。
a0076039_22295942.jpg

そして、メイン?のメンチカツ! これが一番の楽しみででかけたのです~。
a0076039_22303239.jpg

なかを割ったらこんな感じ♪ 大きめみじんで炒めたたまねぎが美味しそうにできました。 こちらは早速ウチで実践済み! 今日のお弁当はメンチカツでした。
a0076039_2232186.jpg
 
美味しくて楽しい講習会でした。 日頃自己流料理ばかりですが、プロの説明をちゃんと聞くのも勉強になりますね。 Kさん、お誘いくださってどうもありがとう! またご一緒させてくださいね♪
[PR]
by cookery-world | 2010-03-11 22:34 | 番外~つくったもの(256) | Comments(4)
和菓子講習会、つづき~♪
昨日新宿で参加した和菓子講習会、栗まんじゅう、胡桃まんじゅうの次は、抹茶浮島を作ります。 白アンを玉子で膨らませるふわっと軽いお菓子だそうです。 どんなのができるのか楽しみ~♪
a0076039_14312040.jpg

まずは白アンとたまごの黄身を混ぜて、
a0076039_14323154.jpg

抹茶も混ぜたら、少量の小麦粉をふるいながら混ぜます。
a0076039_1434736.jpg

泡立てた卵白とサクッと合わせたら、
a0076039_14345556.jpg

型に流し込んで、上に栗も載せます。 うーん、それらしくなってきた~。
a0076039_14353976.jpg
 
蒸し器で20分~。
a0076039_14361418.jpg

待っている間に焼き上がったばかりのおまんじゅうを試食します!
a0076039_14364725.jpg

まずは黒いあんこの胡桃まんじゅうから。 ちょっとあんこが焼きすぎですが、胡桃が香ばしくてオイシイ~。
a0076039_1438339.jpg

白アンの栗まんじゅう。 ちゃんと栗が真中にはいってました。^^ 
a0076039_143984.jpg

浮島も蒸しあがり~♪  こちらは持ち帰ってウチで試食しました。 あんこ味の軽い蒸しケーキのようでなかなか美味しかったです。 
a0076039_14393371.jpg

最後に講師の先生の見本でみなさんのお目汚し解消です。^^
a0076039_14443615.jpg

こんな風↑に作れるようになりたいな~。 がんばって研究しなくっちゃ!
[PR]
by cookery-world | 2009-09-23 14:45 | 番外~つくったもの(256) | Comments(6)
今日は和菓子教室♪
今日は東京ガスさんの主催するお料理教室に行ってきました。 西新宿の高層ビル群の真っただ中にある東京ガスのショールームです。
a0076039_1803112.jpg

広いビルなので、ようやく入口を見つけて入ります。
a0076039_181286.jpg

まずは先生のレクチャーをよーく伺ってから、作業へ。 キレイにそろえられてる材料。 今日は栗饅頭と胡桃饅頭を習います。
a0076039_1823494.jpg

まずは胡桃まんじゅう用の黒アン、それから栗まんじゅう用の白アンを丸めます。
a0076039_185263.jpg

そして皮づくり。 重層も混ぜてー
a0076039_1853311.jpg

シャカシャカ切るように混ぜてー
a0076039_186991.jpg

等分に切り、延ばして、アンを入れて成形します。 かなりの難業なので、途中写真ありません。^^;
a0076039_1874339.jpg

オーブンで焼きまーす。
a0076039_188471.jpg

わーい、焼き上がり~♪
a0076039_188286.jpg

栗はどこ?ってくらい形は不ぞろいだけど、自分で作ったかと思うと、可愛いおまんじゅうです! この後、抹茶浮島作りにつづきまーす。
[PR]
by cookery-world | 2009-09-22 18:11 | 番外~つくったもの(256) | Comments(10)
シンガポール料理教室の仕上げ♪
他のお料理もつぎつぎ作業が進みます。 小さいチンゲン菜のような野菜がでてきました。 野菜の炒め物用ですね。
a0076039_1363191.jpg
 
デザートの黒米も煮えてきましたよー。
a0076039_1321292.jpg
 
鶏とチリの炒め物。 まずはチリから炒めます。 辛そう~。
a0076039_13224256.jpg
 
鶏は別に炒めて、後でチリとあわせます。
a0076039_13465281.jpg

ささっと炒めあわせて、ねぎを加えたらできあがり。 作業が早くて写真を撮る暇がありません。
a0076039_13481359.jpg
 
ぴかぴかのチリ鶏炒め完成~。
a0076039_13504270.jpg

牛肉の黒コショウ炒めもあっという間にできちゃいました。
a0076039_13501343.jpg

チンゲン菜炒めもシェフがささっと炒めてくれます。
a0076039_13511452.jpg

できあがり♪ 
a0076039_1349266.jpg
 
シェフの助手の方が揚げパンを作ってくれました。
a0076039_13523171.jpg
 
早速一皿盛りにして、お味見です♪
a0076039_13531559.jpg
 
まずチリクラブ~。 身が詰まっててオイシイ~。
a0076039_1354574.jpg
 
揚げパンにチリソースをつけて食べると◎です。 どんどん食べちゃう。
a0076039_13551696.jpg


お腹いっぱいになったら~つぎは?
[PR]
by cookery-world | 2009-06-12 14:08 | Singapore(25) | Comments(4)
チリ・クラブの作り方~♪
前菜を暢気に食べてくつろいでいた私たちもそろそろ第2段のお料理開始です。 まずはチリクラブから。
a0076039_11112054.jpg

これは工程がちょっと難しそうなので、シェフに作ってもらって、見学することになりました。 まずはニンニク、生姜、レモングラスをみじんに切ったものを一気に鍋へ。
a0076039_1112144.jpg
 
炒めだすと良い香りが広がります。
a0076039_11131153.jpg
 
ある程度炒たまったら、チリソースとケチャップを合わせたものを投入。
a0076039_11135744.jpg
 
よく混ざって温まったら、蟹も投入~。
a0076039_1114551.jpg
 
煮えてきましたよー。 死体から食べ物に変わってきました。^^;
a0076039_11154023.jpg

しばらく煮た後、仕上げに溶いたたまごを入れます。
a0076039_11155578.jpg

たまごも入ってふわっとしたソースのチリ・クラブ完成~。
a0076039_11165541.jpg

シェフがキレイに蟹をたてて盛りつけていきます。
a0076039_11173039.jpg

美味しそうなチリ・クラブできました♪
a0076039_11175658.jpg

一度食べてみたかった、シンガ名物チリ・クラブ。 作るところから見学できて感激でした。 他のお料理もそろそろ仕上げに入りますが、この続きはまた明日レポしますね♪
[PR]
by cookery-world | 2009-06-11 11:22 | Singapore(25) | Comments(8)
シンガポール料理教室~♪
一昨日着の便で日本に戻ってきました~。 昨日はあまりの忙しさで更新できず、いつも覗いてくださる皆さん、ごめんなさい! 今日はリトルインディアの後、午後にでかけたお料理教室のレポです♪ そのお料理教室はクラークキーの一角にありました。 
a0076039_3372871.jpg

レストラン部分の向こう側にお教室スペースがあります。 ふふ、楽しみ~♪ 
a0076039_338057.jpg

まずは冷たいピーチ&マンゴーティーとお菓子でもつまみながら、どうぞ~と言われ、優雅なお教室になるのかなーなんて思いきや、
a0076039_3383310.jpg

この日のために作ってもらったお料理レシピは、結構品数があるのを思い出しました。 全部できるのかな?とちょっと不安。
a0076039_3401018.jpg

まずはチリクラブ用のカニ殺しから。^^; 手前がアシスタントさん、奥のカッコイイきれいな女性がシェフです~♡
a0076039_340562.jpg

わーもうバラバラになっちゃった。 動いたりすると怖くて近づけません。 活きエビが跳ねただけで怖くて逃げ惑うワタシには絶対殺せない~。 ウチでチリクラブは作れません。
a0076039_3414883.jpg

私たち参加者は3班に分かれ、作業を分担することになりました。 まずは生春巻きの具材づくりから。
a0076039_343329.jpg


先はまだ長いぞー。 続きはこちらから。
[PR]
by cookery-world | 2009-06-10 04:04 | Singapore(25) | Comments(6)
エレナちゃんの和食クッキング♪
イタリアでのお寿司の普及率に驚いていたところ、イタリアのエレナちゃんからお料理の写真が送られてきました。 2月初めにブログを通じて、和食の作り方を伝えたところ、約束どおりに、彼氏のお誕生会で作った巻き寿司と鶏のから揚げの写真を送ってくれましたので、公開~! お寿司、ホントにキレイに巻けてます。
a0076039_113262.jpg
 
鶏のから揚げも美味しそう~!
a0076039_12639.jpg

エレちゃんの和食は好評だったようで、もともとお料理上手な彼女ですが、教えたワタシも嬉しくなりました。 今度プーリアに会いに行けるときには食材をいろいろ持って行って、一緒にお料理できたら良いな~と思ってます。
[PR]
by cookery-world | 2009-03-15 01:08 | 番外~つくったもの(256) | Comments(4)
栗羊羹作ってみました! oishii
昨日の記事で登場のNさんに羊羹作りを教えてもらいましたので、紹介しますね! まずはアズキを煮始めます。
a0076039_14233831.jpg
 
他の材料の分量を量ったり、寒天をちぎって水に浸しているあいだに、
a0076039_14245364.jpg

アズキが煮えてきましたよー。
a0076039_14253664.jpg
 
アズキが煮えたら、濾しの作業です。 約1時間掛けて、濾していく大変な作業です。
a0076039_1427421.jpg
 
アズキを濾したところに、寒天を煮溶かしたモノと砂糖各種を山盛りに! 
a0076039_1428228.jpg
 
ざくざく材料を混ぜていきます。 こんなにお砂糖がはいっているのには驚き!
a0076039_14291727.jpg
 
良く混ざったらここから大変な練りの作業にはいります。
a0076039_14303562.jpg
 
ずっと火にかけながら、ひとときも休まず混ぜます。 腕が痛いー。
a0076039_14312734.jpg
 
で、2時間15分の結晶がコレ! どろどろになりました。
a0076039_1432126.jpg
 
栗を混ぜ込んだら、バットに流し込み、この日の作業は完了! お疲れさまでした。
a0076039_143311.jpg
 
よく冷え固まった2日後にバットを開けて完成~。 特大羊羹できました♪
a0076039_14334071.jpg
 
苦労の果てに完成した羊羹の味は格別です!
a0076039_14345490.jpg

大変な羊羹作りでしたが、出来上がりをみて嬉しくなりました。 今度機会があったら、さらに練りがシッカリした羊羹を作りたいなーと思っています。


* * * 2009年1月9日の追記です! * * *

8日付でウーマンエキサイト、グルメページの「おいしい!」コーナーに、この記事が紹介されました。 エキサイト編集部のみなさん、おかげさまでアクセスもずいぶん増えました。 ありがとうございます!
a0076039_1603092.jpg


掲載記念(?)として、レシピを追記で載せますので、どうぞみなさんも作ってみてください♪ 
難しくありません。 ひたすら根気です。 美味しくできたら、コメントでコツを教えてくださいね!

☆材料☆
小豆 1キロ
白砂糖 500グラム
グラニュー糖 500グラム
ザラメ 250グラム
水あめ(白または麦芽) 310グラム
塩 小さじ3
寒天 4本
お好みで栗 ~ ウチはひと瓶300グラムくらいを入れました。 ちょっと少なめだったかも。
もう少し多くても良さそうです。 

☆作り方☆
(1) 小豆を柔らかくなるまで煮る。 濾すので、ちょっと煮くずれるくらい柔らかめで。
(2) 寒天をちぎって水に漬けておき、アズキが煮える頃に、1リットルの水で煮溶かしておく。
(3) 煮あがった小豆をひたすら濾す。 
(4) こしあんができたら、煮溶かした寒天、お砂糖各種、水あめ、塩を一気に混ぜる。 
   塩は辛くなってしまうと取り返しができないので、少しずつ味をみながら。
(5) ここから弱火にかけながらひたすら練る。 約2~2時間半。 どろんとしたら終了。
   栗をいれる場合はここで投入。 余熱でなじませる。 
(6) バットに開けて1、2日涼しいところで冷ます。
(7) 切り分けて、いただきまーす♪

水あめは白だとあっさり目、麦芽だと、ちょっとねっとりした仕上がりになるようです。
お砂糖はお好みで黒糖をいれても。 

手作り羊羹、ぜひ作ってみてくださいね♪
[PR]
by cookery-world | 2009-01-06 14:40 | 番外~つくったもの(256) | Comments(14)
ブッフ・ブルギニヨンに挑戦!
お料理講習でひとくちのお味見を食べたら、もう作らずにはいられません。 早速帰り道にスーパーに寄って、お肉コーナーを漁ると、なんと3割引きの和牛スネ肉ちゃん♡があったので、即購入! ウチに帰って、香味野菜と一緒にワインに漬けこみます。
a0076039_17264115.jpg
 
まる1日漬けこんだところで、野菜とお肉を別々に取り出します。 うーん、大丈夫かな?と思うくらいすごいワイン色のお肉~。 
a0076039_1727378.jpg
 
まずは小麦粉をまわりにはたいたお肉の表面を焼いて、別に野菜も炒めてから、ワイン液で煮ていきます。
a0076039_17272073.jpg
 
途中冷蔵庫で発見したシェリー酒も足しながら煮込みましたが、3時間後にはこんなん煮詰まっちゃいました。 ストウブ鍋ではなく、普通鍋なので水分がずいぶん飛んじゃいましたねえ。 でも煮詰まったのも美味しそうです。
a0076039_17273470.jpg
 
煮こんでいるうちに作っておいた生クリームいっぱいのマッシュポテトの上にどんっとお肉を載せて完成です!
a0076039_17274945.jpg
 
柔らかいお肉の味は初めて作った割には美味しくて満足のごはんになりました。 ストウブのお鍋ならもっと上手にできるかも? まずは年末ジャンボの発表待ちです。(笑)
[PR]
by cookery-world | 2008-12-22 18:35 | 番外~つくったもの(256) | Comments(4)
ストウブ鍋のお料理講習会♪
週末に銀座TEPCOでストウブのお鍋を使ったお料理講習があると聞いてでかけてみました。 ストウブ鍋を使いこなしていてお料理本も書いていらっしゃる料理家サルボ恭子さんが教えてくださいます。 楽しみ~♪
a0076039_13214280.jpg
 
お料理テーブルの真ん前に陣取ってずっとデモンストレーションを眺めます。 まずは煮込み料理の例としての牛肉の赤ワイン煮ができました。 美味しそう~。
a0076039_13244867.jpg
 
お味見もいただきました♪ 柔らかく煮えてます。 
a0076039_1325337.jpg
 
ストウブ鍋でさっと煮した赤い実フルーツのコンポート。 煮崩れないでキレイにできてます。
a0076039_13271397.jpg

こちらもお味見♪ 甘さ控えめのあっさりでオイシイ~。 お鍋欲しいな~。
a0076039_13282040.jpg
 
お鍋の購入はちょっと見合わせましたが、赤ワイン煮は早速お家で作ってみることにしました。 この続きはまたあとで~!
[PR]
by cookery-world | 2008-12-22 13:32 | Japan(382) | Comments(2)