タグ:最後の晩餐 ( 16 ) タグの人気記事
ミラノ郊外レストランで最後の晩餐♪
ミラノでの最終日はちょっと郊外にあるレストランへでかけました。 ローカルの地元民で結構混み合うお店です。
a0076039_16454339.jpg

いかにもトラットリアな感じの店内。
a0076039_1646356.jpg

まずはバルベラで乾杯♪
a0076039_16461744.jpg

フォカッチャが山盛りでやってきました。 お腹が空いたので早速いただき。 (写真は皆がとってすでに半分になったところ。^^;)
a0076039_16462763.jpg

お勧めのチーズリストからブッラータを選びました。 中身はちょっと固まってきていましたが、クリーミーでオイシイ~。
a0076039_1648789.jpg

生ハムサラミの盛り合わせと、
a0076039_16465689.jpg

メロンが別々にやってきました。 一緒に食べて生ハムメロン。
a0076039_16471020.jpg

プリモはボンゴレビアンコに。
a0076039_16482082.jpg

セコンドは魚介と野菜のフリットミストを頼みました。
a0076039_16483447.jpg

ドルチェはパンナコッタ、チョコソース添え。 大きいけど一人一個食べちゃいます。
a0076039_16485167.jpg

カフェでひといき。
a0076039_16491430.jpg

この近所に以前住んでいらしたお客様とご一緒でしたが、昔はもっと大盤振る舞いで美味しかったとのこと。 景気の波に押されて、さすがのイタリアでもずいぶん変化がみられるようになりましたが、昔ながらのお店は変わらず残っていってほしいですね。。 次はエミリアロマーニャ&ナポリの旅レポをお届けしまーす!
[PR]
by cookery-world | 2013-09-22 17:03 | Italy(701) | Comments(0)
最後の晩餐@ウディネ♪
トリエステからサンダニエレを経て、ウディネへ。 縁あって今回で訪問は4度目。 町の中心、ピアッツア・リベルタまでやってきました。
a0076039_23364668.jpg

広場のすぐそばにあったカフェが素敵なのでひとやすみ。
a0076039_23431592.jpg

美味しいカプチーノ、いただきました。
a0076039_23434982.jpg

暫く街中を散策し、夕食の時間にホテルへ戻りました。 ここで旅の最後の夕食会です。
a0076039_23444719.jpg

まずは地元産のワインで乾杯~。
a0076039_23452423.jpg

前菜はアーティチョークのタルト、フォンドゥータソースがたくさんかかっていておいしそう。
a0076039_23472330.jpg

アーティチョークがたくさん入ったフィリングがふわふわでおいしー。
a0076039_23483136.jpg

次はカボチャのクリームスープ。 白いふわふわはモンタジオチーズのニョッキ。 でもニョッキと言っても、やわらかくスプーンですくって食べてみると、口に入れたとたんふわっと溶けます。 あまり食べたことのないニョッキの食感に感激!
a0076039_23505146.jpg

メインは子牛肉のロースト。 かなり大きなローストですが、しっかり完食。 
a0076039_23533831.jpg

ドルチェはクルミのたくさん入ったケーキ。 焼きたてです♪
a0076039_23542657.jpg

添えられたナッツクリームをつけていただくと、おいしー。 
a0076039_23552247.jpg

貸切のレストランで、旅の思い出を語りながら、楽しい最後の晩餐会になりました。 
[PR]
by cookery-world | 2013-01-13 23:56 | Italy(701) | Comments(2)
ローマで最後の晩餐♪
短いローマの一日も終わり、夕食の時間になりました。 翌朝も早い出発なので、ホテルのレストランで夕食です。 屋上のレストランからは遠くにヴァチカンのクーポラもキレイに見えますよ~。
a0076039_13594512.jpg

まずはプリモのスパゲッティ・アマトリチャーナ。 シンプルに美味しいパスタです。 
a0076039_1402461.jpg

メインのセコンドはサルティンボッカ・アッラ・ロマーナ。 ローマに来たらこれ食べないと。 お料理はローマらしくてワタシの大好きな2皿を選んで、メニューを作ってもらいました。
a0076039_142493.jpg

ドルチェはトリュフ型ジェラート。 おなか一杯でも食べられちゃいます。
a0076039_143213.jpg

旅のはじめに作ったパネットーネも無事ローマのホテルに届き、皆さんにお渡しできました。 ほっ。
a0076039_1443060.jpg

パンとお菓子づくしの楽しい旅もローマで終了です。 いつものお料理旅行では体験できないこともたくさんあって、良い経験になりました。 次のパン旅行はドイツの予定なので、ドイツパンも研究しなくっちゃ。 いつかドイツ旅もレポできるようがんばりまーす♪
[PR]
by cookery-world | 2012-06-07 14:12 | Italy(701) | Comments(0)
ローマでお寿司屋さん♪
ローマ最後の夜はまみちゃんがお友達と集うお寿司屋さんに一緒に連れて行ってもらいました。 前も連れてきてもらったお寿司屋さん、トラステヴェレにある竹寿司です。
a0076039_21295174.jpg

まずはてんぷら盛り合わせ♪ 美味しそう~。
a0076039_21385192.jpg

みんなのお勧めコロッケ。 これも手作りでおいしー。
a0076039_21405548.jpg

そしてやってきました、お寿司! すごいボリュームで嬉しい~。  
a0076039_21422749.jpg

和食の味にやっぱりホッとしたローマ最後の晩餐になりました。^^
[PR]
by cookery-world | 2011-07-09 21:53 | Italy(701) | Comments(2)
カンピドリオの丘で夕食会♪
ローマ滞在最終日、カンピドリオの丘にやってきました。
a0076039_22572764.jpg

閉館後のカピトリーノ美術館を特別に覗かせてもらえることに。
a0076039_225891.jpg

おーローマ建国神話のロムロスとレムルスが狼のおっぱい飲んでますねーなんて写真撮りながら見てたら、もう時間ですよーと屋上へ連れて行かれました。
a0076039_2312387.jpg

わーここも凄い夜景です。 ヴィットリオエマヌエレ2世記念堂を向こうに見ながらアペリティフ。
a0076039_233935.jpg

そろそろ夕食会のテーブルに。
a0076039_2334371.jpg

この日は今年ローマのイメージを高めることに貢献した人に与えられるコロッセオ賞の授与式があるとのこと。 3人の受賞者が呼ばれて表彰されます。
a0076039_2362996.jpg

このときは香水でローマの良いイメージを世界に広げたラウラ・ヴィアジョッティ、ローマ大学の考古学博士、それからローマ時代を舞台にした探偵小説で有名な作家リンゼイ・ディヴィスが表彰されました。 あー探偵ファルコの本持ってきてサインしてもらえば良かった~。
a0076039_239276.jpg

さて表彰式が終わって食事が始まりました。 まずはとてもシンプルなプリモ。
a0076039_2395497.jpg

そしてどかっとお肉。
a0076039_23101314.jpg

そしてピンクジェラート。
a0076039_2311078.jpg

食後のプチプールも食べちゃいます。
a0076039_2312549.jpg
 
食事はちょっと残念な感もありましたが、素敵なロケーションで楽しい最後の晩餐になりました。
[PR]
by cookery-world | 2011-06-24 23:18 | Italy(701) | Comments(4)
アルザス最後の晩餐♪
アルザスの旅もミュールーズで最後の晩となりました。 アルザスらしい雰囲気のかわいいお店で最後の夕ごはんです。
a0076039_19221310.jpg

アルザスワインで乾杯! みなさん、お世話になりました! あとは無事に帰りの飛行機が飛ぶことを祈るのみです。
a0076039_19234940.jpg

前菜の前にやってきたアミューズ。 お肉の煮こごりの串刺し。 簡単そうな見た目ですが、作り方を聞くとかなり凝っていて、複雑な味。
a0076039_19315274.jpg

前菜は鴨とフォアグラテリーヌのサラダ。 最後にフォアグラが食べられて嬉しい~!
a0076039_19323750.jpg

メインはポークロースト。 濃厚で甘いソースとたっぷりの付け合わせ野菜で美味しくいただきました。
a0076039_19332837.jpg

チーズのお皿と聞いて驚いたのがこれ。 ごろっと切ったチーズがでてくると思いきや、ちょっと表面のカリッとしたクレープに巻いてあるあつあつの溶けたチーズは最高!
a0076039_19344824.jpg

デザートはチョイスで来たので、クレームブリュレ♪
a0076039_1935184.jpg

フランスに居る間に1回は食べないとね。^^
a0076039_19354724.jpg

派手だったり洗練されたりのお料理ではありませんが、町では有名なグルメレストランと聞いて、納得の美味しいレストランでした。 これでアルザスレポ終了です。 みなさん、今までお付き合いくださってありがとうございます。 次は。。どこ行こうかな? 旅レポが幾つかたまっているので、忘れないうちにアップしていきます! 引き続き懲りずに遊びにいらしてね♪
[PR]
by cookery-world | 2011-06-07 19:39 | France(110) | Comments(0)
カリアリ最後の夕ごはん♪
さて午後もよーく歩き回って運動したので、お腹が空いてきました。 カリアリで美味しいものを食べられるレストランをホテルのコンシュエルジェと相談して決めたお店にやってきました。
a0076039_20512.jpg

まずはワインで乾杯~♪ 自家製パンも美味しそう~。
a0076039_2054235.jpg

軽めにしようと前菜はズッパ・ディ・ペッシェ(お魚スープ)にしてみましたが、お皿が来てみてビックリのすごい大盛です! 魚介づくしは嬉しいけど。。^^
a0076039_2012595.jpg

どれも新鮮でオイシイ魚貝。。とくにアニス風味の海老だんごは美味し過ぎ。
a0076039_201639.jpg

メインはこれまた魚貝と野菜のテンプラにしてみました。 メニューにあった「テンプラ」の文字に惹かれて選んでしまいましたが、これはなに?
a0076039_20173548.jpg

カリアリ風テンプラは甘ーいソースにつけて食べます。 これはこれで美味しいんですけどね。。やっぱり天ぷらは天つゆだな。。
a0076039_20184670.jpg

食後にはお口直しのシャーベットがちょこっとでてきました。
a0076039_20192790.jpg

↑知ってたら違うのにしたのにな~のオレンジシャーベット。 でも魚介の口直しにはちょうど良い爽やかさのデザートでした。
a0076039_20203928.jpg

食べたいものを適当に頼んだら妙な組み合わせになってしまいましたが、カリアリの魚貝堪能の夕ごはんになりました。 これでサルディニア編レポ終了でーす。 ずっと追って見ていてくださった皆さま、ありがとうございました! 紹介できたのはほんの少しばかりですが、サルディニアの美味しくて珍しい食文化を楽しんでいただけていたら良いなと思っています。 次は昨年最後の旅、ローマ編に参ります♪
[PR]
by cookery-world | 2011-03-06 20:28 | Italy(701) | Comments(5)
カリアリに戻って夕ごはん♪
サルディニア島をぐるっと周ってカリアリまで戻ってきました。 翌日からは帰国組、ローマ組、サルディニア残り組と分かれるので、全員でのごはんはこれが最後の晩餐。 まずはお店のウェルカム・ワインでここまでの旅の無事のお祝いです。
a0076039_22493036.jpg

民俗っぽい内装で可愛い店内。
a0076039_22504543.jpg

早速前菜が並べられました。
a0076039_2251858.jpg

サーモンマリネと蛸から。 サーモンは分厚いけど生臭みがなくてオイシイ。
a0076039_22515045.jpg

しらすのかき揚げも。
a0076039_22524885.jpg

蛸のディアボラ煮もやわらかくて◎。
a0076039_22531557.jpg

ムール貝の香草パン粉焼きも~ 前菜で結構お腹いっぱいになっちゃう。。
a0076039_22535147.jpg

1皿目のパスタはアンコウのトマトソース、リングイネ。
a0076039_22543452.jpg
 
2皿目パスタはアサリのフレゴラ。 もういっぱいいっぱいですけれど、これでフレゴラも食べ納めかも?と思って、がんばって食べちゃいます。
a0076039_2255595.jpg

そしてとどめで、鯛の白ワイン煮。。美味しいんですけれど。。 
a0076039_22564956.jpg

添えられてでてきた山盛り生野菜のなかのフィノッキオはちょっとだけ頂きました。 日本ではあんまり食べられないしね。
a0076039_22573382.jpg

シメにサルディニア菓子がでてきましたが、さすがのワタシもお腹いっぱいなのでパス。
a0076039_2259178.jpg

いつもながらですが、これでもかというくらい食べました。 サルディニアたべあるきももうお腹いっぱい! でも島に残り組のワタシはもう少しだけカリアリ滞在が続きます。 もうちょっとお付き合いくださいね。
[PR]
by cookery-world | 2011-02-26 23:03 | Italy(701) | Comments(2)
ジュネーヴで最後の晩餐♪
いよいよ旅行最後の夜となり、新市街にあるレストランにやってきました。
a0076039_14251622.jpg

前菜はマーロウとルブションチーズのクランブル。 
a0076039_14514115.jpg

カボチャだと思って食べていましたが、後で尋ねてみるとマーロウ(瓜の一種)でした。 ちょっと水っぽいカボチャだなとは思いながら食べましたけれど、まあカボチャもミナミのウリですからねー。^^ 本当にカボチャでもうちょっと甘みがあったらもっと美味しかったかな。 これもアッサリして良かったのですけれど。 
a0076039_1452272.jpg

メインは鮭のパイ包み焼き。 鮭と野菜いろいろ、それにごはんをパートフィロのような薄い皮に包んで焼いたものです。 ヨーロッパのお料理としてはちょっと変わってるなー。
a0076039_153421.jpg

でも鮭とごはんと野菜とクリーム味が一緒になって、なんとも言えない美味しさ。 ベファーナさんの分までとって食べちゃいました。^^
a0076039_1541117.jpg

デザートはもちろん最後までチョコレート系です♪ 今回見事にチョコレートづくしでした。
a0076039_1535831.jpg

ふわっとしたチョコレートムースおいしい~。
a0076039_15355996.jpg

ちょっと面白いレストランで楽しい最後の晩餐となりました♪
[PR]
by cookery-world | 2009-11-05 15:38 | Switzerland(5) | Comments(0)
ウィーンで最後の晩餐~♪
各地の滞在も短くて、ちょっと慌ただしかったウィーン&バルトの国の旅もウィーンで最終日の夜を迎えました。 ホテルから少し歩いたところにあるレストラン「DREI FUSAREN」へ向かいます。
a0076039_1693515.jpg

店内も落ち着く素敵なインテリア。
a0076039_16102485.jpg

デグスタシオン・コースの始めは、キノコのタルタル。 お肉のまったく入っていない茸だけのタルタル。 季節ならではの香りが広がってオイシイ~。
a0076039_161254.jpg

3種の串焼きとスープのお皿が次にやってきました。 串焼きは海老、鴨、牛の3本。 ちょっとユニークなお皿です。
a0076039_16142228.jpg

トロピカルフルーツのはいったスープもふんわり甘くて面白い味。
a0076039_1615219.jpg

3皿目の前菜は帆立とフォアグラ。 フォアグラの上に載っているのは脂身かと思ったら、これは生のホタテでした。
a0076039_16162541.jpg

ここでお口直しのシャーベット。 パッションフルーツのさわやかさでサッパリ。
a0076039_1617824.jpg

メインはオマール海老のグリル。 内陸地で魚介類は失敗だったかなーの一品。 ホワイトチョコレートのソースは面白い趣向なのですけれどねー。
a0076039_16194185.jpg

デザートはチョコレートケーキにチョコレートソース♪
a0076039_16202169.jpg

チョコソースはカリカリのクッキーにつけても美味しいし、
a0076039_16211171.jpg

熱々のチョコレートケーキでも美味!
a0076039_16213880.jpg

優雅なレストランで楽しい最後の晩餐になりました。
[PR]
by cookery-world | 2009-09-27 16:24 | Austria(37) | Comments(4)